menu close


Web予約

Web予約
医療脱毛はニキビがあっても脱毛できるかメアリクリニックがご紹介

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛コラム 脱毛クリームの効果って?医療脱毛との比較

脱毛クリームの効果って?医療脱毛との比較

脱毛クリームは、手軽な自己処理方法の一つです。
自宅で簡単に使用できることから人気があり、使ったことがある人も多いでしょう。

ですが、脱毛クリームは肌への負担が大きいうえ、厳密にいうと脱毛クリームに脱毛効果はありません。
すぐに新しい毛が生えてきてしまうため、毛が生えてくるたびに自己処理を続けなければならず、手間も時間もかかります。
また、クリームがなくなるたびに買わなければならないので、長期的にみると多くの費用がかかります。

ここでは、脱毛クリームでの自己処理とクリニックで行う医療脱毛を比較し、それぞれの特徴について解説します。

脱毛クリームは
「脱毛」効果がない?

脱毛クリームは自己処理方法の一つ

脱毛クリームは、ムダ毛の自己処理方法の一つです。
一般的な使用方法は、ムダ毛が気になる箇所にクリームを塗り、時間が経ったらシャワーで洗い流すだけという簡単なものです。
また、脱毛クリームにはクリームタイプのほか、ローションやジェル状のものもあり、種類が豊富です。
ドラッグストアなどで安く手に入ることからも、手軽な自己処理方法として人気を集めています。

脱毛クリームは毛を溶かし「除毛」する効果のみ

脱毛クリームは除毛効果のみ

脱毛クリームと聞くと、「脱毛」と謳っているからには一見脱毛効果がありそうですが、脱毛クリームを使っても毛穴から毛が抜け落ちるわけではありません。
では、なぜ脱毛クリームを塗ると肌の表面の毛がなくなるのでしょうか?
それは、脱毛クリームに含まれている薬剤が、肌の表面にある毛を溶かしているからです。

脱毛クリームには、「チオグリコール酸カルシウム」(※1)が含まれていることが多いです。
このチオグリコール酸カルシウムが毛のたんぱく質を溶かし、肌の表面に出ている毛だけを取り除くのが脱毛クリームの仕組みです。
そのため、脱毛クリームではなく、正確には「除毛クリーム」と呼ぶのが正しいといえます。

最近では「毛が生えにくくなる」効果を謳った脱毛クリームも多くあります。
ですが、クリームはあくまで皮膚の表面にしか作用しないことを考えると、はっきりと実感できるだけの抑毛効果を得るのは難しいでしょう。

(※1)アルカリ性の医薬部外品。たんぱく質を分解する成分で、パーマなどにも使われている。

脱毛クリームのメリット

クリームが安価で手に入りやすく、自宅で簡単に除毛できるそのお手軽さが脱毛クリームの魅力です。
ムダ毛を処理したい部分にクリームを塗り、一定時間待った後に洗い流す(もしくは拭き取る)だけで、簡単に除毛することができます。
また、毛抜きのように時間がかかる自己処理方法ではないので、広範囲の除毛を一度にできるというメリットもあります。

また、脱毛クリームを使うと、毛先がチクチクしないという点も魅力です。
カミソリで剃ると、毛先が尖った毛が生えてきやすく、チクチクすることが多いです。
その点、脱毛クリームは肌の表面に出ている毛を溶かし、毛先の毛を丸くしてくれるため、次に生えてくる毛がチクチクしません。

脱毛クリームのデメリット

脱毛クリームには、脱毛効果がないこと以外にもデメリットがあります。

肌へのダメージ

脱毛クリームのデメリット

脱毛クリームの一番のデメリットは、肌へのダメージが大きいことです。
クリームに含まれるチオグリコール酸カルシウムは、毛のたんぱく質だけでなく、肌のたんぱく質も一緒に溶かしてしまいます。
そのため、クリームの使用後にピリピリとした痛みを感じたり、肌が赤くなったりする可能性があります。
肌が敏感になっている生理前や妊娠中の方だと、痛みがより強くなる可能性もあります。

また、脱毛クリームは高価だからといって自分に合うとは限りません。
ニオイや効果、刺激の有無など、自分に合うかどうかは、実際に使って確かめる必要があるでしょう。

脱毛クリームは使用できる部位にも限りがあり、一般的にはワキ・脚・腕のみに使用可能です。
皮膚の薄い顔やデリケートゾーンへの使用は危険であり、肌トラブルのもとになります。
中には「低刺激なので使用可能」と謳っている商品もありますが、使用の際には十分注意する必要があります。

肌トラブルを避けるためにも、脱毛クリームを使う前に必ずパッチテスト(※2)を行いましょう。
テストの際は、少量のクリームを二の腕の内側などに塗り、数分置いてから洗い流してください。
このパッチテストで肌に赤みが出たり、ヒリヒリした痛みを感じた場合は、すぐに使用を禁止し、皮膚科に行ってください。

(※2)初めて使う化粧品などが自分に合うかどうかを試す、事前テスト。

長期的なコスト

脱毛クリームには脱毛効果があるわけではないので、永遠に自己処理をし続けなければなりません。
また、次から次へと新しい毛が生えてくるため、ムダ毛が気なったときに都度クリームを塗る必要があり、多くのクリームを消費します。
長期的にみるとクリーム代に多くの費用がかかり、決して経済的な方法だとはいえないでしょう。

脱毛クリームと医療脱毛の比較

以下の表は、脱毛クリームと医療脱毛の効果、持続性、回数の目安、費用、肌へのダメージを比較したものです。

脱毛クリーム 医療脱毛
効果 ×
除毛

永久脱毛
持続性 ×
一時的

永久
回数 ×
週1〜3回・
永久

5〜6回・
約1年
費用
脱毛クリーム自体は安価だが、継続的な費用がかかる

決して安いとはいえないが、継続的な費用がかからない
肌へのダメージ ×
肌への負担が大きく肌トラブルが起こりやすい

医師が常駐しているので万が一のトラブルに即対応

まず、効果から見ていくと、永久脱毛の効果がある医療脱毛に軍配があがります。
脱毛クリームには一時的な除毛効果しかないため、新しい毛が生えてくるたびに自己処理をする必要があり、手間も時間もかかります。
医療脱毛であれば、約1年の間に5〜6回の施術を受けるだけで、自己処理がほとんど不要な肌を手にいれることができます。

費用面で比較すると、1回あたりの費用は脱毛クリームのほうが安価ですが、継続的な費用がかからないのは医療脱毛のほうです。

また、脱毛クリームは肌への負担が大きく、肌トラブルが起きやすい方法です。
医療脱毛なら、万が一の肌トラブルが起きても、常駐している医師が適切に対処します。

結果、医療脱毛のほうがコスパがよく、安全性も高いといえるでしょう。

メアリクリニックの医療脱毛が
安心できる理由

万が一の肌トラブルにもすぐに対応

前述した通り、脱毛クリームは肌へ与える負担が大きく、万が一肌トラブルが起こった場合は自分で皮膚科に行く必要があります。
医療脱毛でもまれにまれにかゆみや赤みが起こることはありますが、メアリクリニックではすぐに常駐している医師が対応しますので、安心して施術をお受けいただけます。
肌が弱かったり肌に不安がある人こそ、肌にダメージを与える自己処理を続けるのではなく、安全性の高い医療脱毛を選ぶことをおすすめします。

分かりやすいお支払い

メアリクリニックの医療脱毛は分かりやすいお支払い

脱毛クリームは1本あたりの値段は安価ですが、一生使い続けなければならないため、この先どのくらい費用がかかるか分かりません。
その点、メアリクリニックの医療脱毛は、全身脱毛が5回で137,000円(税抜)と明確です。
脱毛に必要な費用はこの中に全部含まれていますので、トータルでいくらかかるかわからないという不明瞭さもありません。
また、メアリクリニックでは商品の購入などを無理にすすめることもありませんので、その点もご安心して通院いただけます。

137,000円(税抜)という価格は、脱毛サロンと比べても引けを取りません。
しかも、脱毛サロンでは効果が出るまでには15〜20回以上の照射と2〜3年以上の期間を要するため、トータルでは医療脱毛より高い費用がかかってしまうこともあります。

メアリクリニックの医療脱毛なら、脱毛サロン並みの低価格で自己処理がほとんど不要な肌になれます。
トータルでいくらかかるか分かりづらい脱毛クリームと比べると、お支払いが分かりやすいため、安心できる脱毛方法だといえます。

医療脱毛なら名古屋駅前・栄のメアリクリニック

医療脱毛なら名古屋駅前・栄のメアリクリニック

脱毛クリームだけでなく、ムダ毛の自己処理はどんな方法でも肌への刺激があります。
とくに、カミソリによる剃毛は、毛だけでなく肌の角質まで削り取ってしまうため、肌のバリア機能を低下させます。
カミソリ負けによる炎症や乾燥、色素沈着が起きやすいのはそのためです。

自己処理による肌へのダメージを蓄積する前に、医療脱毛で脱毛だけでなく肌もきれいにしませんか?
メアリクリニックは皆さまが通いやすいクリニックを目指し、医師やスタッフ一同、丁寧で親切なサービスを心がけております。
脱毛に関する不安や、ご自宅のケア方法もきちんとご説明いたします。
無理な勧誘や治療の押し付けも一切いたしません。

カウンセリングだけのご予約も大歓迎ですので、まずはご相談ください。

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら