menu close


Web予約

Web予約
デリケートゾーンの黒ずみ(色素沈着)と医療脱毛

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛コラム デリケートゾーンに黒ずみがあっても脱毛できる?

デリケートゾーンに黒ずみがあっても脱毛できる?

今やデリケートゾーンのお手入れは、女性の身だしなみのひとつです。最近では、VIO脱毛にトライする方が右肩上がりに増えています。
その一方で「デリケートゾーンの黒ずみがひどくて脱毛できるか心配……」という声もよく聞きます。

確かに、通常のフラッシュ脱毛(光脱毛)や医療レーザー脱毛は、黒い色に反応して熱を出す性質があるため、日焼け肌や色黒だと断られることがあります。
しかし、必ずしも黒ずみがあると脱毛ができないというわけではありません。

そこで、名古屋・栄の美容皮膚科メアリクリニックが、デリケートゾーンに黒ずみがあっても脱毛できるのかについて詳しく解説いたします。

デリケートゾーンが黒ずむのはなぜ?

黒ずみの正体は色素沈着

ちまたでは「デリケートゾーンが黒いと遊び人」なんて噂が流れていますが、実はまったくのウソです。
デリケートゾーンの黒ずみの正体は色素沈着です。肌が刺激を受けると、表皮の奥深くに存在する色素細胞(メラノサイト)に「肌を守れ」と信号が送られます。するとメラノサイトは茶褐色の色素であるメラニンを過剰に作り出すようになるのです。

通常であればターンオーバー(肌の生まれ変わり)によって、メラニンは自然と排出されます。しかし何らかの理由で代謝のバランスが崩れると、古いメラニンがそのまま皮膚内部に蓄積されてしまい、結果としてデリケートゾーンが黒ずむ原因となるのです。

デリケートゾーンの色素沈着の原因は摩擦

色素沈着の直接的な原因は、紫外線、加齢、ホルモンバランスの乱れ、炎症など、部位によって異なります。

デリケートゾーンの色素沈着が起こる主な原因は、下着による摩擦です。締め付けのきつい下着を着けていたり、科学繊維の下着を着用していたりすると、摩擦による刺激から肌を守ろうとしてメラニンが過剰に生成されます。このメラニンが皮膚の外に排泄されず肌に残ったままだと、色素沈着となるのです。

カミソリを使って自己処理をしている場合も、肌へのダメージが大きく、カミソリ負けを起こして色素沈着の原因になります。またカミソリでムダ毛を剃った際に、毛先が尖ってチクチクすることがあると思いますが、掻きむしるとさらに黒ずみが悪化することがあるので注意が必要です。

肌に黒ずみがあると脱毛できないの?

一般的に肌が黒いとレーザー脱毛やフラッシュ脱毛はできない

色黒肌のレーザー脱毛・光脱毛

レーザー脱毛やフラッシュ(光)脱毛は、黒いメラニン色素だけに反応する特殊な光エネルギーを利用した脱毛方法です。脱毛したい箇所にレーザーや光を当てると、体毛の黒い色に反応して熱を発し、毛根を破壊もしくは弱らせて脱毛を促していきます。

一般的な日本人の肌色であれば、このメカニズムを生かして皮膚を傷つけずにムダ毛を処理することが可能です。しかし肌の色が濃い場合、ムダ毛だけでなく肌にも反応して、火傷を負う恐れがあります。かといって、火傷のリスクを減らすために照射出力を低くすると、せっかくの脱毛効果も下がることになりかねません。
以上のことから、日焼け肌や色黒肌、地黒の人は脱毛を断られるケースも少なくありません。

特に脱毛サロンには医師がいないため、万が一火傷を負わせても治療できないことから、日焼け肌や色黒肌を脱毛NG としているところも多いようです。
同じ理由で、デリケートゾーンの黒ずみも色の濃さによって断られる場合も考えられます。

一部の医療レーザー脱毛機では肌が黒くても脱毛可能

黒ずみに対応できる医療レーザー脱毛機器メディオスター NeXT PRO

従来のフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛では、色が黒い肌の脱毛は難しいとされていました。そのため「黒ずみ・色素沈着がひどいから」と脱毛を諦めている方もいるかもしれませんね。
実は近年では技術の進歩により、肌が黒くても脱毛できるレーザー脱毛機が開発されています。

医療脱毛機器にはいくつかの種類があり、その中で色黒肌でも安全に使えるのがヤグレーザー(YAG レーザー)です。ヤグレーザーとは、イットリウム(Y)・アルミニウム(A)・ ガーネット(G)の結晶体を利用したレーザーで、波長がとても長く、肌の奥深くまで到達するのが特徴です。
肌の浅い部分にあるメラニンにほとんど反応しないので、肌の色に関係なく脱毛できます。

また、蓄熱式の脱毛機も肌の色に関係なく使用できます。蓄熱式脱毛とは、従来のショット式とは異なり、毛根組織ではなく毛根に栄養を送る「バルジ領域」に働きかける新しい脱毛方法です。低出力でじっくりと肌に熱を当てていくため、肌への刺激が弱く、肌が黒くても利用できます。

メアリクリニックでは蓄熱式の脱毛機「メディオスターNeXT PRO」を導入しており、黒ずみがあっても脱毛が可能となります。
「デリケートゾーンの脱毛をしたいけれど、黒ずみが気になる!」という方は、ぜひ一度ご相談ください。

メアリ名古屋・栄の医療レーザー脱毛機器について 

脱毛したらデリケートゾーンの黒ずみは治る?

脱毛そのものには、黒ずみを治す効果はありません

せっかく脱毛するのなら、肌の黒ずみもなんとかしたいものですよね。それでは、脱毛したらデリケートゾーンの黒ずみもキレイに改善できるのでしょうか。

結論からいうと、残念ながら医療レーザー脱毛そのものに黒ずみを治療する効果はありません。
レーザーの作用により、くすみが多少明るくなる可能性はありますが、レーザー脱毛だけで黒ずみを綺麗にするのは難しいと言えるでしょう。

カミソリを使わなくなるので黒ずみが軽減する可能性も

医療レーザー脱毛でカミソリを卒業して黒ずみ軽減

デリケートゾーンに黒ずみが起こる原因のひとつはカミソリ負けです。
医療レーザーで脱毛をすると自己処理が最小限になるので、半永久的にカミソリを使わずに済むことになります。
つまり、デリケートゾーンへの大きな刺激も加わらなくなるため、気になる黒ずみが少しずつ軽減していくことが期待できます。

黒ずみの原因となる締め付けの強い下着を避けましょう

上で申し上げた通り、脱毛だけでデリケートゾーンの黒ずみを改善するのは、やはり難しいことです。
できてしまった黒ずみをなくすには、それなりの時間と手間がかかります。最初から黒ずみができないよう、未然に予防するのがおすすめです。

黒ずみの大きな原因は下着のこすれです。
下着の締め付けが強い下着ほど肌との摩擦が起こりやすく、黒ずみ・色素沈着の原因となりますので、きちんと自分のサイズに合った下着を選ぶようにしましょう。
通気性の良いコットンやシルクなどの天然素材のものがおすすめです。

黒ずみがあっても恥ずかしがらずにご相談ください

メアリクリニック名古屋・栄でデリケートゾーンの医療脱毛

デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる方はとても多くいらっしゃいます。
名古屋・栄の美容皮膚科メアリクリニックでは、黒ずみがあっても脱毛できる医療用レーザー機器を導入しています。
デリケートゾーンの脱毛(VIO 脱毛)をするのなら、医師や看護師が常駐しているクリニックで行うのがおすすめです。なぜなら、万が一、肌にトラブルがあったときでも、すぐに処置してもらえるという安心感があるからです。

デリケートゾーンの問題は親しい友人にさえ打ち明けにくいものです。
メアリクリニック名古屋・栄は女性専用のクリニック。カウンセリングや施術は女性スタッフが担当します。
無料カウンセリングであなたのお悩みにじっくり耳を傾けて、最適な脱毛プランをご提案いたします。
デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの方も、お気軽にご相談ください。

メアリ名古屋・栄のVIO脱毛について 

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら