menu close


Web予約

Web予約
永久脱毛のデメリット~ムダ毛にも役割がある?~

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛コラム 永久脱毛のデメリット~ムダ毛にも役割がある?~

永久脱毛のデメリット~ムダ毛にも役割がある?~

多くの女性がその存在に困っているムダ毛。
ムダ毛の脱毛は、見た目が美しくなるだけではありません。
自己処理のめんどうさから解放され、臭いやムレがなくなるなどのメリットが多いことから、脱毛してムダ毛をなくしたいと考える女性は多いことでしょう。

では反対に、脱毛にデメリットはあるのでしょうか?
脱毛することのデメリットは、ムダ毛を取り除くデメリットとも考えることができます。
実はこのムダ毛には、体毛として人間の身体を守る役割があるのです。

今回は脱毛で考えられるデメリットや体毛の役割についてご紹介します。

永久脱毛後は生えている状態に戻せない!

永久脱毛後は生えている状態に戻せない!

半永久的にムダ毛が生えない状態になる永久脱毛。
医療レーザー脱毛では、脱毛が完了する頃にはムダ毛がほとんどないつるつるすべすべな肌を手に入れられるのがメリットです。

逆を言えば、永久脱毛後に毛を生やしたいと思ったときに、元の状態には戻せないことはデメリットとも言えます。
自己処理頻度が多い部位で、永久脱毛したことの後悔の声はあまり聞きませんが、部位によっては完全に脱毛してしまっては困る場合もあります。

それがデリケートゾーンの脱毛、つまりVIO脱毛です。
デリケートゾーンについては、すべての毛を脱毛してしまうハイジニーナ脱毛やビキニラインの形を整えるデザイン脱毛も人気がありますが、一度よく考えておくことも必要です。

VIO脱毛で考えられるデメリット

VIO脱毛で考えられるデメリット

では、VIO脱毛には具体的にどんな点で後悔の声があるのでしょうか。
脱毛後に後悔しないためにも、VIO脱毛で起こりうる脱毛後の生活について例をご紹介します。

1つ目は、銭湯や温泉などの入浴施設での視線が気になる点です。
ハイジニーナ(無毛状態)になった方の中には、入浴施設で周囲の人の視線を感じて恥ずかしい思いをしたことがあるという意見も。
周りの目が気になることでご自身がストレスに感じる可能性がある場合は、まずは毛量調整から始めることをおすすめします。

2つ目は、パートナーの評価が気になる点です。
特にVゾーンについては、ハイジニーナやデザイン脱毛を好まない方もいらっしゃいます。医療レーザー脱毛は元には戻らないため、中には事前に話し合われる方もいます。
パートナーの好みが気になる場合は、事前に聞いておくのも良いでしょう。

3つ目は、デリケートゾーンを覆う体毛がなくなる点です。
デリケートゾーンの毛には生殖器の保護や異物・ゴミの侵入をガードする役割があります。
しかし、これは下着を着用している現代では、大きな問題にはなりません。
むしろ、毛がなくなることで蒸れやすい部位を清潔に保つことができます。

体毛の役割って?

上記で触れた体毛の役割についてさらに詳しくみてみましょう。
人間の祖先は体毛がびっしりと生えていましたが、進化につれて退化し、現在のような状態になっています。
ただし、退化したとはいえムダ毛には体毛としての役割が残っています。
主な役割を2つご紹介します。

体毛の役割①体温調整

体毛の役割って?

寒い地域の動物は毛がふさふさしています。
それをイメージすると、体毛には体温調節の機能があることが分かります。

人間の場合はワキを例に考えてみましょう。
私たちは体温を測るときにワキに挟むというかたちを取ります。なぜなら、ワキが身体の内部の温度に近いため、手軽に検温できるからです。
通常、身体の表面の温度は外の環境の影響を受けます。しかし、ワキには体温調節の役割があり、体温のバロメーターとなっています。
その手助けをしているのがワキ毛です。
ワキ毛が脇汗をキャッチすることで、発汗による体温調整を助けているからこそ、ワキは身体にとっての適切な体温を維持することができます。

また、体毛には体温調整と似た役割として「保湿機能」もあります。
体毛があると肌の湿度を保ちやすく、その保湿機能によって肌が乾燥しにくくなったり、外的環境につよい皮膚状態を維持しやすくなったりします。
他にも鼻毛の場合、気温の低い時は冷気を緩和する役割などもあります。

体毛の役割②お肌の保護

先ほど紹介したデリケートゾーンの毛のように、体毛には身体の部位を守ったり保湿したりする働きがあります。
この働きは、体毛が濃く残っている部位を例にとるとわかりやすいでしょう。

例えば、頭髪には物理的に頭を守る働きがあり、何かが頭にぶつかった時の衝撃を和らげてくれます。
また、鼻毛や眉毛は抜いてしまう人も多いですが、本来はほこりやごみ、ウイルスが目や鼻の粘膜に入らないようにする役割があります。
ほかにも、手足のムダ毛には紫外線などの皮膚へのダメージを守る働きがあるなど、普段あまり意識はしていないと思いますが、体毛には防御としてのさまざまな役割があります。

ムダ毛の脱毛はしない方がいい?

ムダ毛の脱毛はしない方がいい?

ここまでご紹介してきたことを踏まえると、一見脱毛はしてはいけないように感じるかもしれません。
しかし、これらは人間が野生の中で生きていた時代の名残です。
衣服を身に着け、エアコンで体温調整を行える現代の私たちにとっては、体毛を処理したところで大きな影響はありません。

そもそも「ムダ毛を脱毛したい!」と考える一番の動機は、ムダ毛を気にすることがない生活になりたいからではないでしょうか。
医療の力で美しさを保つことができるのも現代の特権です。
確かに体毛には役割もありますが、ムダ毛によるストレスは脱毛でしか解決することができないのです。

永久脱毛で“ムダ毛”とさようなら

永久脱毛で“ムダ毛”とさようなら

普段自己処理をしてしまう体毛、いわゆるムダ毛は永久脱毛で処理してしまいましょう。
永久脱毛効果が得られるのは、強い照射パワーで施術を行う医療レーザー脱毛のみです。

エステサロンなどで行う光脱毛の場合、脱毛施術を行うスタッフは医師や看護師などの資格をもたないエステティシャンなどが行っています。
そのため、エステサロンでは医療レーザーのような強いパワーを持つ脱毛機を使用することはできません。
結果、光脱毛でもたらされる効果は「脱毛」ではなく「減毛」効果にとどまります。
つまり、光脱毛では毛を一時的に減らすことはできても、永久脱毛効果はないのです。

永久脱毛効果を得たいなら、クリニックでの医療レーザー脱毛をおすすめします。

医療レーザー脱毛での
永久脱毛はメアリ名古屋駅前・栄へ

安心の環境と高い効果で納得の脱毛を

永久脱毛でムダ毛のない美しい肌を手に入れたいと思っても、本当にムダ毛をなくしてしまっていいのか迷うこともありますよね。
特にVIO脱毛は人に相談しづらい上、毛がなくなることへの不安も感じている方も多いでしょう。

メアリクリニック名古屋駅前・栄は女性専用のクリニックです。
同じ女性が施術を担当しますので、脱毛に関するお悩みや躊躇もよく理解しています。
毛をなくすことのデメリットについてお悩みの方も、まずはお気軽に無料カウンセリングでご相談ください。

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら