menu close


Web予約

Web予約
これって脱毛失敗?脱毛で起きた5つのトラブル

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛コラム これって脱毛失敗?脱毛で起きた5つのトラブル

これって脱毛失敗?脱毛で起きた5つのトラブル

医療レーザー脱毛は決して安い金額ではありません。
万が一脱毛に失敗してしまったら…と考えると困りますよね。
実際、トラブルが起こってしまってから脱毛を後悔されている方の声も聞きます。

しかし、こうした脱毛による失敗は全員に起こるわけではありません。
毛質や肌質に合わない脱毛機の使用やどんな患者様にも一律の施術を行うクリニックを選んでしまうと、トラブルが起こる可能性が高くなってしまいます。
また、医療レーザー脱毛後のアフターケア不足もトラブルを起こす原因になります。

このページでは様々なケースを例に、脱毛が失敗しているかどうか検証し、理由を解説いたします。
現在、脱毛の期間中でご不安に思っている方だけでなく、これから脱毛を受ける方もぜひご覧ください。

Case.1 
脱毛のレーザー照射が
思ったよりも痛かった

脱毛のレーザー照射が思ったよりも痛かった

医療レーザー脱毛も、脱毛サロンの光脱毛でも、脱毛施術は1回では終わらないものです。
1回目の施術が痛いと続けるのが不安になりますよね。
しかし、医療レーザー脱毛では回数を重ねるごとにムダ毛はどんどん減っていきます。レーザーが反応する毛が少なくなることで、痛みも徐々に弱まっていきますので、ご安心ください。

そもそも医療レーザー脱毛の場合は、光脱毛よりも出力が強く、効果も高いため、その分痛みを感じる場合もあります。
メアリクリニック名古屋駅前・栄では、こうしたレーザー脱毛特有の痛みを和らげるために、痛みの少なさにもこだわって選んだ脱毛機を使用するだけではなく、照射方法にも工夫を凝らして施術を行っています。
さらに、それでも痛みに不安を感じるという方のため、当院では麻酔もご用意しております。どうぞお気軽にお申し付けください。

また、痛みを感じる原因によっては、ご自身の心がけで痛みを事前に抑えることもできます。具体的な例を見てみましょう。

理由①:乾燥肌・日焼け肌は痛みが強くなる

乾燥した肌は、バリア機能が弱まり、刺激をダイレクトに受けやすい状態です。そのため、通常の肌よりも痛みを感じやすくなってしまいます。
同じく、日焼け肌も極度に肌が乾燥している状態です。乾燥肌と同様の理由で、痛みを感じやすくなります。

こうした肌の状態が原因の痛みを和らげる対策としては、保湿・紫外線の予防をしっかり行うことが大切です。
脱毛期間中はいつも以上に肌のケアにご注意ください。

理由②:生理前や生理中の照射は痛みを感じやすい

生理前や生理中の医療レーザー脱毛の照射は痛みを感じやすい

生理前や生理期間中は、普段よりも肌が敏感になっているため、その分痛みを感じやすい時期です。
特に生理期間中の照射は、普段の脱毛では痛みを感じない人でも、痛みを強く感じることがあります。

生理期間中の脱毛をお断りしているVIO以外の部位でも、痛みを感じやすいのは同様です。そのため、痛みが不安な方は、VIO以外の部位でも生理期間中の脱毛は避けることをおすすめします。

反対に、生理後1週間の時期は肌の調子が良く、脱毛にも適したタイミングだと言えます。
「脱毛の痛みを少しでも軽減したい!」という方は、この時期に合わせて施術のご予約を入れていただけるとよいでしょう。

Case.2 
脱毛後に肌トラブルが起こってしまった

脱毛後に肌トラブルが起こってしまった

「脱毛後に赤みや腫れ、かゆみがでてきた…」
せっかく脱毛してきれいな肌になれると思ったのに、これでは落ち込んでしまいますよね。
医療レーザー脱毛は安全性の高い施術であり、当院でも細心の注意を払って施術を行っています。しかし、肌トラブルの起きやすさは体質や生活習慣などにも左右されるため、完全に防ぐことは難しいのです。
医療レーザー脱毛を受けるクリニック選びにおいて大切なのは、万が一の肌トラブルの際に対応がしっかりしているかどうかだと言えます。

メアリクリニック名古屋駅前・栄では、再診料・お薬の処方代に追加料金はいただきません。脱毛に関する肌トラブルはお気軽にご相談いただけます。
脱毛の契約前には、肌トラブルへの対応を確認しておくことがおすすめです。

なお、医療レーザー脱毛によって肌トラブルが起きてしまうのには、様々な理由があります。

理由①:毛嚢炎が起こってしまった

脱毛後、肌に赤い湿疹のようなものができてしまう場合があります。
一見にきびにも見えるかもしれませんが、かゆみや痛みがなかった場合、「毛嚢炎」という毛穴の炎症を起こしている可能性があります。
毛嚢炎とは、もともとは不衛生な肌環境が引き起こしやすい皮膚病ですが、脱毛が原因で発症する場合もあります。

軽度な毛嚢炎であれば、1週間程度で沈静化する場合がほとんどのため、特に心配はございません。
ただし、範囲が広く、発疹が大きい場合は必ずクリニックへご相談ください。

理由②:アフターケアを怠ってしまった

脱毛後に肌トラブルが起こってしまった

脱毛施術の直後の肌は熱がこもり、軽くヤケドを負ったような状態になっています。そのため、普段より敏感で、肌トラブルを起こしやすい状態です。
また、熱で肌の水分が奪われ、非常に乾燥しやすくもなっています。

こうした脱毛後の肌には、保湿がとても大切です。
高級な化粧品や専用のケア用品を使う必要はなく、お手持ちの化粧水やクリームで構いませんので、丁寧な保湿をお心がけください。

脱毛後の肌のケアを怠ってしまうと、乾燥がますます進み、あらゆる肌トラブルを引き起こしやすくなります。
肌トラブルを起こした状態の肌には強いレーザーを当てることができないため、次回の脱毛施術時にはレーザーの出力を弱めることになります。肌の状態によっては、脱毛が受けられなくなってしまうことも。
次の施術で脱毛効果を高めるためにも、保湿によるスキンケアは重点的に行い、脱毛期間中は肌の状態を常に整えておきましょう。

Case.3 
脱毛したのに、
なぜか毛が抜けない!

脱毛したのに、なぜか毛が抜けない!

「レーザーを照射したのに、毛が抜けていない!」
こうしたまさに「脱毛の失敗」と言える状況は不安になりますよね。

何回も繰り返しても脱毛効果を感じられない場合には、脱毛方法自体を見直さなければならない場合もあります。
例えば光脱毛は、永久脱毛効果がなく、減毛や抑毛にとどまる脱毛方法です。
そもそも毛がするするとは抜けない脱毛方法ということもあるため、ご注意ください。

もし、医療レーザー脱毛で抜けない場合には、以下のような理由が考えられます。

理由①:脱毛レーザーの照射漏れがあった

一か所に集中して抜けていない範囲がある場合は、照射漏れの可能性があります。
メアリクリニック名古屋駅前・栄では、照射前にきちんとマーキングを行い、照射漏れがないよう細かく丁寧に施術を行っています。
万が一照射漏れがあった場合は、状態を確認した上で再照射の対応をいたします。
施術日から期間が空いてしまうと、周りの毛が伸びてしまい照射漏れかどうかの判別がつきにくくなってしまうので、気づいた段階でお早めにご連絡ください。

理由②:すぐに効果が表れにくい脱毛機の種類だった

脱毛後に肌トラブルが起こってしまった

医療レーザー脱毛機によっては、毛が抜けるというような脱毛効果が表れるまで4週間ほどかかる場合があります。
例えば、メアリクリニック名古屋駅前・栄でも導入している「メディオスターNeXT PRO」は、脱毛方法の仕組み上、4週間かけて少しずつ毛が抜け落ちる効果の出方が特徴です。
この医療レーザー脱毛機は、初めの数回の照射では脱毛効果を感じにくいですが、照射回数を増すごとに効果を実感できるようになります。
「ジェントルレーズPro」など、他の脱毛機と最終的な仕上がりは変わらないため、最初の数回で毛が抜けなくてもご安心ください。

Case.4 
脱毛なのに毛が太くなった・増えてしまった

脱毛なのに毛が太くなった・増えてしまった

脱毛した部位の毛が太くなっていたり、増えていたりするとご相談いただくことがあります。
実はこの症状は、医療レーザー脱毛・光脱毛においてまれに起こりうることです。それでは、なぜ脱毛しているのに毛が太くなるという事象が起こるのでしょうか?

理由:硬毛化してしまったから

脱毛で硬毛化してしまったから

硬毛化とは、上記でご紹介した脱毛によって毛が太くなる現象です。
はっきりとした原因は解明されていませんが、通常であれば熱によるダメージで破壊されたり活動が弱まったりするはずの発毛組織が、逆に熱刺激で活性化してしまうという現象がまれに起こります。
特に、レーザーが反応しにくい産毛などメラニン色素の薄い毛は、硬毛化が起こりやすいとされています。
また、医療レーザー脱毛よりもエネルギーの弱い光脱毛の方が、硬毛化が発生しやすいとも考えられています。

メアリクリニック名古屋駅前・栄では硬毛化が起きにくいとされている「メディオスターNeXT PRO」という脱毛機も使用しています。
この脱毛機は、毛にじわじわと熱を加える「蓄熱式」という脱毛方式のため、メラニン色素の少ない産毛でもしっかり熱を加えられるのが特長です。
また、万が一硬毛化した際は、熱の加え方や脱毛機のモード・種類を細やかに調整することで、硬毛化を繰り返すことなくきちんと脱毛が完了できるよう対応を行います。
今までに脱毛で硬毛化してしまったことがあるという方も、ぜひ一度ご相談ください。

Case.5 
ワキ脱毛をしたら脇汗が増えた

ワキ脱毛をしたら脇汗が増えた

「ワキ脱毛したら汗が増えた気がする。やらなきゃよかった…」
これも脱毛の失敗としてよく聞く例です。
しかし、脱毛用のレーザーは汗腺には直接影響を与えませんので、脱毛によって汗が増えるということはありません。
それでは、なぜ汗が増えたと感じるのでしょうか?

理由:汗をキャッチするムダ毛がなくなったから

体毛には汗をキャッチする役割もあります。
ワキ脱毛でムダ毛がなくなると、これまで知らないうちにワキ毛がキャッチしていた汗が肌の上を滑るので、汗を多くかいていると感じやすくなります。
汗がストレスとなって精神的な多汗につながる場合もあるため、あまり気にしすぎないことが良いでしょう。

なお、「汗をキャッチしていたワキ毛がなくなる」というのは、決してデメリットではありません。
汗が溜まらなくなることでワキを清潔に保つことができますから、ニオイの軽減にも繋がるのです。

脱毛でご不安な点は
メアリ名古屋駅前・栄へ

脱毛したのに、なぜか毛が抜けない!

これまでご紹介してきたように、「脱毛に失敗した!」と思っても、脱毛完成のために必要なプロセスだったり、事前に防げるものであったり、一概に失敗とは言えません。
ただし、クリニック側がどんなに細心の注意を払って脱毛施術を行っていても、トラブルが起きる可能性はゼロではありません。
医療レーザー脱毛を受けるクリニックを選ぶ際には、起こり得るトラブルの事前説明やフォローがきちんとしているクリニックをお選びいただくことをおすすめします。

また、「知らないうちに最初の説明から料金が増えている!」という料金面でのトラブルも増えています。
メアリクリニック名古屋駅前・栄では、事前にしっかりと料金体系をご説明いたします。
そのほか、脱毛を始める前のご不安な点は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら