menu close


Web予約

Web予約

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛コラム 脱毛と毛嚢炎の関連性

脱毛と毛嚢炎の関連性はあるの?

脱毛後、肌に赤いブツブツができてしまったことはありませんか? 一見にきびに見えるかもしれませんが、かゆみや痛みがなかった場合、それは「毛嚢炎」という毛穴の炎症かもしれません。
毛嚢炎は不衛生な肌環境が引き起こしやすい皮膚病ですが、脱毛が原因で発症する場合もあります。
万が一発症した際は悪化させずに済むよう、毛嚢炎ができる原因や対策方法について詳しくご紹介します。

毛嚢炎ってなに?

毛嚢炎ってなに?

毛嚢炎とは、毛根を包む組織である毛包にブドウ球菌が感染して発症する皮膚病です。
肌にできる赤いブツブツは一見にきびと似ているようですが、発症の原因や症状は異なります。

毛嚢炎ができる原因菌がブドウ球菌であるのに対し、にきびの原因菌はアクネ菌です。
肌のバリア機能が低下することでブドウ球菌が毛包に感染して発症するのが毛嚢炎で、毛穴の詰まりによってアクネ菌が増殖することで発症するのがにきびです。

毛嚢炎にかゆみや痛みはほとんどありません。
ただし、重症化すると化膿して発熱や痛みをともないます。
また、にきびには芯がありますが、毛嚢炎にはありません。

毛嚢炎ができやすい部位

毛嚢炎ができやすい部位

にきびは、背中や顔といった皮脂分泌が多い部位にできる傾向があります。
毛嚢炎は、デリケートゾーン(VIOライン)やわき、背中といった皮脂腺が多い場所や太い毛が生える場所にできやすい傾向があります。
特にVIOは蒸れやすく雑菌が繁殖しやすいので、毛嚢炎ができやすい部位です。

毛嚢炎ができる原因とは?

毛嚢炎の多くは、不衛生な肌に雑菌が繁殖することで起こります。
また、ムダ毛の自己処理や脱毛などで肌のバリア機能が低下すると、毛包にブドウ球菌が感染しやすくなり、毛嚢炎ができる可能性を高めます。

不衛生な肌環境

汗をかいた後の肌は湿っていて、雑菌が繁殖しやすい状態です。
汗をきちんと拭いたりシャワーを浴びたりせずに放置してしまうと、毛嚢炎の原因であるブドウ球菌を増殖させる可能性があります。
また、生理中のデリケートゾーン(VIOライン)も、雑菌が繁殖しやすくなっています。
長時間ナプキンや下着を取り替えずにいると、湿った肌にブドウ球菌が繁殖し、毛嚢炎ができるリスクを高めます。

ムダ毛の自己処理や脱毛

ムダ毛の自己処理や脱毛

ムダ毛処理で毛嚢炎が起こりやすいのは、カミソリや毛抜きによる自己処理です。
エステやクリニックの脱毛で毛嚢炎になる場合もあります。
自己処理や脱毛で痛めてしまった肌の傷口や、毛抜きで毛を引き抜いた後の毛穴にブドウ球菌が侵入することで、毛嚢炎を引き起こす恐れがあります。
また、自己処理や脱毛後に保湿を怠り、乾燥で肌のバリア機能を低下させてしまうのも毛嚢炎を発症させる一因です。

ストレスや不規則な生活習慣

ストレスや不規則な生活習慣

ストレスが毛嚢炎の原因になる場合もあります。
ストレスで体の免疫力が低下することで肌のバリア機能も低下し、いつも以上に肌がダメージを受けやすい状態になってしまうからです。
また、寝不足や乱れた食生活も肌のバリア機能を低下させやすく、毛嚢炎ができる可能性を高めます。

毛嚢炎を防ぐ方法は?

毛嚢炎を防ぐためには、とにかく皮膚を常に清潔に保つことが重要です。
特に生理中のデリケートゾーン(VIOライン)は蒸れやすいので、ナプキンや下着をこまめに取り替えることをおすすめします。
また、ムダ毛の自己処理方法を見直す必要もあります。

自己流のムダ毛処理を見直す

自己流のムダ毛処理を見直す

カミソリやシェーバーはきちんとお手入れをしないと想像以上に雑菌が繁殖してしまいます。
自己処理の場合はカミソリやシェーバーを清潔に保つことはもちろん、自己処理の方法も毛嚢炎になりにくい方法を選びましょう。
カミソリよりは電動シェーバーの方が肌を傷つけにくいのでおすすめです。
自己処理で肌を痛めやすい人は、医療機関であるクリニックで医療脱毛を受けた方が安心です。

生活習慣に気をつけて肌の免疫力を高める

生活習慣に気をつけて肌の免疫力を高める

毛嚢炎の原因となる肌のバリア機能の低下を防ぐためには、皮膚を清潔に保つだけでなく、生活習慣に気をつけることも大切です。
バランスのよい食生活や十分な睡眠時間を確保することで、肌の免疫力を高め、毛嚢炎を防ぎましょう。
また、生理中は肌のバリア機能が低下しているため、ムダ毛の自己処理はお控えください。

もし毛嚢炎になってしまったら?

クリニックやエステ・サロンで脱毛を行っても、保湿などのアフターケアを怠ってしまった場合、毛嚢炎になってしまう可能性がゼロではありません。
症状が軽い場合は、いったん経過を観察しましょう。
赤いブツブツが徐々に少なくなっていくのであれば、自然治癒で治る可能性が高いです。

自己判断はキケンです!

医療脱毛なら万が一の肌トラブルにも適切に対応

軽度な毛嚢炎であれば、1週間程度で沈静化する場合がほとんどです。
ただし、安易な自己判断はおすすめできません。
範囲が広く、発疹が大きい場合は必ずクリニックへご相談ください。
放置してしまうと、最悪の場合、しみや黒ずみとなって肌に跡が残ってしまう場合があります。

気になる場合はクリニックへ

肌質・毛質に合わせた施術でより快適に脱毛

医療脱毛を行っているのであれば、ご契約しているクリニックへご相談ください。
クリニックの契約内容によっては再診料がかからないため、カウンセリング時に確認しておくことをおすすめします。
デリケートゾーン(VIOライン)に毛嚢炎ができてしまった場合、恥ずかしいと思うかもしれませんが、いつも脱毛しているクリニックなら安心ですね。

まずはカウンセリングでご相談ください

名古屋駅前・栄の美容皮膚科メアリクリニックは、カウンセリング時に毛嚢炎をはじめとする肌トラブルについてもきちんとご説明させていただきます。
また、再診料も無料です。

皆様が通いやすいクリニックを目指し、医師・スタッフ一同、丁寧で親切なサービスと分かりやすい説明を心がけております。
まずはご相談ください。

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら