menu close


Web予約
医療脱毛で埋没毛は防げるかメアリクリニック名古屋院が解説

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛コラム 医療脱毛で埋没毛は防げるって本当?

医療脱毛で埋没毛は防げるって本当?

ムダ毛処理をしたはずなのに、皮膚に残る黒いぶつぶつ…
剃り残しのように見えてしまい、恥ずかしい思いをしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このぶつぶつの正体は「埋没毛(まいぼつもう)」と呼ばれる埋もれた毛です。
自分でどうにかできないか気になってしまっても、無理に引き抜いたりするのは厳禁。さらに埋没毛を増やしてしまう原因になってしまいます。

医療脱毛でなら、埋没毛の発生を防ぐことができます。
それはどうしてなのか、そもそもなぜ埋没毛はできてしまうのか、対処方法などをご紹介します。

埋没毛とは?

皮膚の下に埋もれて表面に出てこない毛が「埋没毛」と呼ばれる状態です。皮膚の下に透けて見えていたり、毛先が丸まって埋もれていたりと、状態は様々です。

基本的には、何もせずに放置しておいて問題はありません。しばらくすると、肌のターンオーバーとともに自然に肌の表面に現れます。(※ターンオーバーとは、肌が1~2か月周期で新しい皮膚に生まれ変わることです)
新しい皮膚になることで、埋もれていた毛が自然に抜け落ちたり、外に飛び出したりして埋没毛は気にならなくなります。

埋没毛の原因は肌ダメージ

埋没毛の原因は自己処理の肌ダメージ

埋没毛は、カミソリや毛抜きなど、日々の自己処理による肌への刺激が原因です。
キレイに処理したいばかりに、カミソリで深剃りや逆剃りをしてしまうと、肌の角質まで削ってしまいます。
このとき、傷ついた肌は炎症を起こし、表面にかさぶたのような薄い膜を作って肌を守ろうとします。この薄い膜が毛穴まで塞いでしまうため、生えてきた新たな毛が埋もれて埋没毛になってしまうのです。

毛抜きでの自己処理は、毛根を傷つけるだけではなく、抜ける途中で切れた毛が残り、古い角質に埋もれてそのまま埋没毛になることがあります。

特に腕やワキ、脚など頻繁に自己処理を繰り返す部位や、皮膚が敏感な顔やVIOが、埋没毛のできやすい部分です。

埋没毛を毛抜きで無理に引き抜くのは危険

埋没毛を毛抜きで無理に引き抜くのは危険

せっかくムダ毛を処理しても、埋没毛が残っていては台無しですよね。
しかし、埋没毛は誤った処置をしてしまうと、黒ずみや傷跡が残る原因になってしまいます。

つい毛抜きなどで抜いてみたくなりますが、毛抜きで引っ張ることは肌への刺激が強いだけでなく、毛穴の奥の「毛包」と呼ばれる毛根を包む部分に雑菌が入り込み、毛嚢炎になる原因になります。
毛嚢炎は、赤いぶつぶつとしたニキビのような炎症です。埋没毛の周りが赤くなったり痛みを感じたりした場合は、毛嚢炎の可能性が高いため、すぐに皮膚科で診察を受けてください。

毛嚢炎について詳しくはこちら

埋没毛を防ぐ方法

では、埋没毛にならないためにはどうしたらよいのでしょうか?
埋没毛を根本から防ぐためには、カミソリや毛抜きなどでの自己処理を控えることが必要です。

「じゃあムダ毛の処理はどうするの?」と皆さんの頭の中に疑問が浮かぶと思いますが、自己処理がほぼ不要な肌になるために必要なのが「脱毛」です。

医療脱毛は埋没毛に効果的!

医療脱毛なら埋没毛になる心配なし!

脱毛と言っても、様々な種類がありますが、「永久脱毛」状態を目指すことができるのは、医療脱毛のみです。
というのも、エステサロンなどでの脱毛は、光脱毛といって毛根に弱い力でダメージを与えるだけの照射のため、しばらくするとまた新しい毛が生えてきてしまい、自己処理の必要がでてきてしまいます。

医療脱毛は、医療機関だけに許可された強い出力の医療用レーザーを使い、毛根の細胞を破壊します。そのため、脱毛期間中の自己処理は必要ですが、コースが終了するころには自己処理がほとんど不要な永久脱毛状態を目指すことができるのです。
医療レーザー脱毛は、今ある埋没毛にも反応するため、予防だけでなく、今現在埋没毛に悩んでいる方にも効果があります。

どうしても自己処理しなければいけないときは

自己処理する場合は電気シェーバーで

医療脱毛中の自己処理や、どうしても脱毛を受けることができない場合は、電気シェーバーの使用がおすすめです。
シェービングの際は、たっぷりと保湿し、クリームなどを使ってなるべく肌に負担をかけないようにしましょう。
処理後も、化粧水やボディクリームでアフターケアの保湿を忘れずに行うことが自己処理のポイントです。

埋没毛などの肌トラブルが原因で脱毛サロンやエステなどで脱毛を断られた経験がある人も、メアリクリニックの医療脱毛なら施術が受けられる場合があります。
脱毛を諦める前に、まずはお気軽にご相談くださいね。

できてしまった埋没毛の治し方って?

先ほども触れた通り、埋没毛は基本的に放置しておいて大丈夫なものです。
また、毛抜きでの処理は炎症を起こすだけではなく、埋没毛を繰り返す毛穴になってしまうため、行うべきではありません。
それでも、見た目はあまり良いものではないので、「なるべく早く何とかしたい!」という方のために、いくつか改善方法をご紹介します。

化粧水やクリームでの保湿

埋没毛の治し方は保湿が重要

皮膚が硬いと、埋もれた毛がなかなか表面に出てこれなくなってしまいます。今お使いの化粧水やクリームで保湿することが自然な埋没毛改善への近道です。
その際に、配合成分に尿素が含まれているクリームを使うと、尿素の肌を柔らかくする力で、より埋没毛に効果があります。
角質を溶かす作用のある尿素は、使い続けると逆に乾燥肌の原因にもなるため、埋没毛が改善された後は、セラミドなど保湿成分を含んだクリームに切り替えましょう。

ピーリングなどの角質ケア

埋没毛の治し方はピーリング・スクラブなどの角質ケア

お肌のターンオーバーを促進し、毛を早く表面に出すために、角質ケアも効果があります。
ドラッグストアでも、スクラブやピーリングなどを簡単に入手することができますが、ピーリングの方が刺激が少なく、お肌に優しいためおすすめです。
しかし、ピーリングは毎日使用してしまうと、落とす必要のない角質まで落としてしまい、逆に肌の負担になってしまいます。角質のお手入れは、週1~2回程度に留めるようにしましょう。

埋没毛を予防するなら名古屋駅前・栄のメアリクリニックへ

埋没毛を予防するなら名古屋駅前・栄のメアリクリニックへ

埋没毛は病気のリスクを伴うものではありませんが、女性にとってはムダ毛の剃り残しのようで気になるものです。
医療脱毛を行うと、自己処理のわずらわしさから解放されるだけでなく、見た目としてお肌をより綺麗に見せることが可能になります。

名古屋駅前・栄の美容皮膚科メアリクリニックでは、無料カウンセリングを実施しておりますので、埋没毛など脱毛前に気になるお肌の状態はお気軽にご相談くださいね。

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら