menu close


Web予約

Web予約
介護脱毛で将来を見据えたVIO脱毛を

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛の詳しい解説 介護脱毛で将来を見据えたVIO脱毛を

介護脱毛で将来を見据えたVIO脱毛を

脱毛というと若い女性が行うイメージはありませんか?
ですが、実際のところメアリクリニック名古屋駅前・栄では40~50代の女性も多くご来院されています。

中高年女性を中心に年々人気が高まっているのが「介護脱毛」と呼ばれる脱毛です。
介護脱毛とは、現時点で介護されている人が受ける脱毛ではなく、将来介護されることを考えた上での脱毛を指します。

介護脱毛ではデリケートゾーンの衛生面を配慮し、VIO脱毛が人気です。また、エチケットとして脇脱毛も人気です。
介護脱毛を考えるきっかけとして、メリットや疑問点について解説します。

介護脱毛のメリットとは?

女性が脱毛する理由は「オシャレやエチケットのため」や「自己処理が面倒だから」という理由ばかりだと思われがちですが、他にも様々なメリットがあります。

デリケートゾーンを清潔に保てる

いざ介護を受ける側になったとき、アンダーヘアが長いままだと排せつ時に汚れが毛に付着しやすくなります。
また、介護が必要になると毎日入浴することができない可能性があるため、デリケートゾーンを常に清潔に保つのはさらに難しくなります。

このような事態を防ぐためにも、介護が必要になる前にアンダーヘアを脱毛しておくのがおすすめです。
完全につるつるにせずとも、アンダーヘアの量が減るだけで、排せつ時や入浴の際に拭き取りやすくなり、デリケートゾーンを清潔に保つことにつながります。

また、デリケートゾーンが不衛生な状態が続くと、さまざまな肌トラブルに見舞われる可能性があります。
とくに高齢者の方は免疫力が低下している場合も多く、いったん肌にかゆみや痛みなどが起きると治りにくくなります。症状がひどくなれば、感染症を引き起こす可能性もあります。

臭いやムレが軽減し快適に過ごせる

寝たきりの場合や入浴が数日に一回のペースになるなど、皮膚はムレやすくなります。
また、オムツ着用の生活となった場合、オムツの中もムレやすくアンダーヘアに雑菌が繁殖するとニオイの原因にもなります。

介護脱毛でムダ毛を処理すれば、アンダーヘアやわき毛についた汚れや汗が繁殖することで発生する臭いやムレを軽減することができます。
介護脱毛で人気の脇の下やVIOといった部位は、そもそも多くの人が他の部位に比べても汗やニオイが気になる部位です。
脱毛によって臭いやムレが軽減されることは、介護されるときだけにかぎらず、現時点でもメリットをもたらします。

介護する側・される側で双方の負担が軽くなる

介護する側・される側で双方の負担が軽くなる

脱毛は見た目が美しくなるだけではなく、エチケットの面でもメリットがあります。

介護が必要になり、いざ排せつや入浴を他人に任せることになった際に、脇の毛やアンダーヘアなどを恥ずかしいと感じ、無意識に体を見せることを嫌がる方は多いものです。
また、介護者が家族の場合、大切な家族に恥ずかしい部分を見られるのは恥ずかしいという方もいらっしゃるでしょう。
介護脱毛でムダ毛を処理しておくことは、他人にケアされることへの抵抗感の軽減にもつながります。

介護される側が脱毛していると、介護する側にとってもケアを行いやすいという側面もあります。とくにアンダーヘアは、これまでご紹介してきた通り、介護する側にとって負担となる可能性があります。
介護者の体を支えながら綺麗に身体をケアするというのは想像以上に難しいことです。
また、デリケートゾーンが不衛生な場合、アンダーヘアが原因で臭いが発生しやすくなり、精神的にも介護する側に大きな負担を与えてしまいます。

介護脱毛をすることのメリットはご自身にあるだけではなく、介護する側の負担も軽くなることです。
実際、自らの親などの介護を経験し、介護脱毛を決意される方は多いです。介護脱毛は、将来介護してくれる方への感謝や優しさだとも言えるでしょう。

介護脱毛の注意点

アンダーヘアが白髪になる前が脱毛のチャンス!

介護脱毛はアンダーヘアが白髪になる前が脱毛のチャンス!

まだ若い方には想像がつかないかもしれませんが、アンダーヘアも白髪になります。
介護脱毛の最大の注意点は、アンダーヘアが白髪になってからでは脱毛が難しくなる点です。

白髪が脱毛できない理由は、医療レーザー脱毛の仕組みにあります。
医療レーザー脱毛とは、毛の黒い色素(メラニン)に反応して熱が生じるレーザーを肌に照射することで、発毛組織を破壊する脱毛方法です。
メラニンがほぼない白髪ではレーザーが反応しないため、白髪の脱毛は難しくなります。
これは、メラニンに反応する光を照射して脱毛を行うエステ脱毛でも同様です。

「介護脱毛」という名称から介護が必要になる直前に脱毛すればいいと考えてしまう方も多いですが、その時にはすでにアンダーヘアの大部分が白髪となっている可能性があります。
そのため、介護脱毛は「いつか…」ではなく、「考え始めた今このとき」に始めることがおすすめです。
医療レーザー脱毛には半永久的な脱毛効果があるので、早すぎて損することはありません。
むしろ早く始めれば始めるほど、脱毛によって得られるメリットを長期にわたって得ることができるのでお得とも考えられます。

医療脱毛とサロン脱毛の違い

医療脱毛とサロン脱毛の違い

介護脱毛しようと思ったとき、多くの人が「医療脱毛とサロン脱毛のどちらにしよう」と悩むことでしょう。
医療脱毛とサロン脱毛の大きな違いは、その脱毛効果です。
実は、半永久的な脱毛効果を得られるのは医療レーザー脱毛だけだということはご存知でしょうか?

医療レーザー脱毛では、医療機関でしか取り扱うことのできない強力なパワーをもつレーザー脱毛機を用い、発毛組織を破壊します。
毛を作り出す組織そのものが破壊されれば、新たな毛が生えてこなくなります。
一方、サロン脱毛(光脱毛)は照射のパワーが弱く、発毛組織にダメージを与えることしかできません。
そのため、サロン脱毛には一時的な減毛効果しかなく、時間がたてば再び毛が生えてきてしまいます。

サロン脱毛は一見手軽な値段に見えますが、半永久的な脱毛効果はないため、終わりが見えない脱毛です。
介護脱毛の目的を考えると不向きだと言えるでしょう。

また、とくにデリケートゾーンの脱毛はご不安な方も多いでしょう。万が一肌トラブルなどが起こった場合にすぐに対処ができるため、医師が常駐するクリニックの方が安心です。
メアリクリニック名古屋駅前・栄では、脱毛で肌トラブルが生じた場合の再診料やお薬代は無料のため、いつでもご相談いただけます。
特にこれまで脱毛を行ったことがない方には、しっかりしたサポートがある医療脱毛のほうが安心できるのではないでしょうか。
当院では、無料カウンセリングも行っております。脱毛に関してご不安な点は、まずはお気軽にお問合せくださいね。

介護脱毛はどこまで脱毛するべき?

デリケートゾーンの脱毛=VIO脱毛

介護脱毛はどこまで脱毛するべき?

「介護脱毛」という名前でコースを設定しているクリニックは少ないため、どこまで脱毛すればいいのかわからないという方も多いでしょう。

介護脱毛といえば、一番キレイにしておきたいのがデリケートゾーンのムダ毛。デリケートゾーンの脱毛は、VIO脱毛と呼ばれます。
クリニックによっても呼び名や脱毛できる範囲は異なりますが、一般的に「Vライン」はデリケートゾーン前面のエリア、「Iライン」は女性器の周囲、「Oライン」」は肛門周辺部になります。
このうち、IラインとOラインは排泄物や尿が付着しやすいため、できるだけ脱毛しておくことをおすすめします。
一方、Vラインについては、完全なる無毛には抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。

メアリクリニック名古屋駅前・栄のVIO脱毛なら形や毛量を自由に決められるので、Vラインの毛を少し残すことも可能です。
また、デリケートゾーンに黒ずみがあっても脱毛可能な医療レーザー脱毛機を導入しています。(※お肌の状態によっては脱毛が難しい場合もあります)
当院では経験を積んだ女性スタッフが施術を担当しておりますので、VIOの処理をどうしたらよいか分からない、という方も安心してご相談ください。

手軽な脇脱毛は医療脱毛のお試しにも人気

VIO脱毛と並んで介護脱毛で人気があるのが脇脱毛です。
汗の匂いの軽減や、着替えの際のエチケットとしても需要があります。
比較的安価な料金で設定しているクリニックが多いため、医療脱毛のお試しとしてまずは脇脱毛をやってみる方も多くいらっしゃいます。
メアリクリニック名古屋駅前・栄でも低価格な脇脱毛コースをご用意しておりますので、お気軽にお試しいただけます。

介護脱毛のご相談は
メアリクリニック名古屋駅前・栄へ

介護脱毛のご相談はメアリクリニック名古屋駅前・栄へ

介護脱毛というと、大げさな感じやまだ早いと考える方も多いですが、脱毛すれば今この時もメリットを得られるので一石二鳥です。

とはいえ、医療脱毛が初めてだという方は不安も多いですよね。
VIOは特に最初は恥ずかしがられる方も多いですが、メアリクリニック名古屋駅前・栄では医療従事者の女性スタッフが担当するため、ご心配は不要です。

脱毛についてご不安な点や疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
質問のみのカウンセリングも大歓迎です。皆様とお会いできるのを心待ちにしております。

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら