menu close


Web予約

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛コラム 医療脱毛は痛い?

医療脱毛は痛い?

「医療脱毛=痛い」というイメージがあるから、なかなか一歩踏み出せない・・・という声を耳にすることがあります。未知の痛みを不安に感じるのは、無理のないことです。

しかし最近では、脱毛機器の進歩や、クリニック側が照射方法・手順を工夫することによって、以前よりも大幅に痛みが軽減されています。

ここでは、皆さんが気になる医療脱毛の痛みについて、詳しくご説明していきます。

医療脱毛の痛みについて

医療脱毛の痛みは、「輪ゴムで弾かれた程度」と表現されることが多いです。脱毛部位によっては皮膚が薄かったり、毛が濃かったりするので「バチッ」と痛みを感じることはありますが、我慢できないほどの強さになることはほとんどありません。

昔の医療レーザー脱毛は強い痛みを伴うこともあったようですが、今はほとんどの脱毛機が施術時に痛みを感じないように設計されています。またクリニックによっては、患者様お一人お一人に合う強さで照射を行うなど工夫しているので、「医療脱毛だから痛い」ということはありません。

医療脱毛は、エステ脱毛より痛い?

「医療脱毛は痛い」という印象の裏側には、「医療脱毛はエステ脱毛より痛そう」というイメージがあるようです。

たしかにエステ脱毛と比べると、医療脱毛の方が多少痛みを強く感じる可能性が高いかもしれません。それは、医療脱毛とエステ脱毛では、脱毛機器の「出力」と「波長」に差があるからです。

エステ脱毛との痛みの違いその①「出力」

まずは、出力について。

医療脱毛で使用するレーザーは、「永久脱毛効果」を期待できるほど、出力の強い脱毛機器です。レーザーが強い力で毛を生やす細胞に働きかけ破壊することで、ムダ毛が半永久的に生えてこない状態を作り出します。
効果が高い分、使用には専門的な知識を必要とします。そのため、医師が常駐している医療機関でしか使うことができません。

エステ脱毛の場合、施術者に資格は必要ありません。そのため、専門的な知識がなくても扱えるような脱毛機器を使っています。
仕組みはレーザーと同じく、毛を生やす細胞に働きかけるというものですが、安全のため医療脱毛よりも弱い出力で照射しています。細胞を破壊するほどの力は出せません。
出力が弱い分、医療脱毛より痛みが小さくなることが多いようですが、脱毛効果も少なくなってしまいます。

エステ脱毛との痛みの違いその②「波長」

続いて、波長の違いについてご説明します。
波長とは、レーザーから出されている、目に見えない光の波のようなものです。

医療脱毛では、一つの波長を狭い範囲に集中させ、そこに熱を集めます。
エステ脱毛の光脱毛(またはフラッシュ脱毛)では、複数の波長を広い範囲に照射します。波長が分散されてしまう分、脱毛効果も低くなります。

医療レーザー脱毛は出力が強い上に、刺激が集中的に皮膚の内側に加わるので、エステ脱毛よりも痛みを感じやすいのです。

しかし、それは高い脱毛効果を期待できるからこそ。痛みを感じたとしても瞬間的なものですし、我慢できないほどの強い痛みになることはほとんどありませんので、ご安心くださいね。

脱毛で痛みを感じやすい部位とその特徴

痛みの感じ方には個人差がありますが、部位によっても異なります。
痛みを感じやすい部位には、以下のような特徴があります。

  • ・皮膚が薄い
  • ・体毛が濃くて太い
  • ・体毛が密集している
  • ・色素沈着しやすい
  • ・乾燥しやすい

これらの特徴にどれか一つでも該当する部位は、他の部位よりも脱毛施術時の痛みを感じやすいかもしれません。

そして中でも特に痛みを感じやすいと言われているのは、「わき」・「VIO」・「顔」といった部位です。それでは、それぞれの部位を詳しく見てみましょう。

体毛が太くて濃い【わきの下】

脱毛メニューの中で、高い人気を誇るわき脱毛。しかし、実はわきの下も、痛みを感じやすい部位の一つだと言われています。

わきの下は体毛が密集して生えている上に、毛が太い傾向にあるということが、痛みに繋がる特徴です。
ただ、回数を重ねてわき毛が薄くなると、脱毛時の痛みは徐々に少なくなります。

デリケートなうえに剛毛【VIO】

最近では、VIO(アンダーヘア)にムダ毛がまったくないツルツルの状態を示す、「ハイジニーナ」という言葉もよく耳にします。
ハリウッドで人気があるということもあって、VIO脱毛の需要は高まっています。

しかし、VIOは「デリケートゾーン」とも呼ばれている通り、とても敏感です。他の部位と比べて皮膚が薄いため、脱毛による痛みが伝わりやすくなっています。
特にVライン(ビキニライン)は毛が太く、密集度も高いため、VIOの中でも痛みが強いとされています。

VIO脱毛の場合は特に、痛みが少ない脱毛機器を使うなど、痛みに配慮した施術を行うクリニックを選ぶことが重要です。

皮膚が薄くて乾燥しやすい【顔】

顔は乾燥しやすく、他の部位と比べて皮膚も薄くてデリケート。そのため、脱毛による痛みを感じやすいと言われています。

顔脱毛の場合は、顔のどの部位を脱毛するかによっても痛みの程度が変わってきます。
中でも「鼻の下」は、皮下脂肪が薄く痛みが直接骨に伝わりやすいため、他の部位と比べると強い痛みを感じる方が多いかもしれません。

ただし、顔の体毛はほとんどが産毛なので、毛の太さや濃さによって痛みが強くなることはありません。同じ理由で、ほとんど産毛しか生えていない背中の脱毛も、痛みを感じにくいと言えるでしょう。

皮下脂肪が少ない膝下

膝下は、皮下脂肪も多い太ももの下に位置しているので、痛みを感じにくいのではと思う人が多いかもしれませんね。
実際には、膝下は皮膚が薄く、皮下脂肪も大変少ないため、骨に痛みが伝わりやすい部位です。

とはいえ膝下もわき毛と同じく、回数を重ねてムダ毛が薄くなると、痛みも小さくなることがほとんどです。

痛みを抑えたメアリクリニックの医療脱毛

メアリクリニックでは、「出来る限り脱毛による痛みの負担を軽減したい」という思いから、高い脱毛効果と痛みの少なさを両立している脱毛機器を厳選して使用しています。
施術中も声かけ・冷却などを行い、痛みにとことん配慮。強い痛みを我慢する必要のない、安心して受けていただける医療脱毛を目指しています。

脱毛施術中の痛みはもちろん、施術後の痛みなど、気になる点があった場合には、ぜひお気軽にスタッフまでご相談くださいませ。

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら