menu close


Web予約

Web予約
妊娠中も脱毛できる?

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛コラム 妊娠中も脱毛できる?

妊娠中も脱毛できる?

医療脱毛は1年間通うコースが主流ということもあり、脱毛期間中に妊娠が発覚してしまうことも少なくありません。

「脱毛の契約中に妊娠が分かってしまったらどうしたらいい?」
「妊娠中に毛が濃くなったので脱毛したいのですが……」
というような質問を受けることも多々あります。

基本的にはメアリクリニック名古屋駅前・栄では、妊娠中の方の脱毛はお断りしております。
医療レーザー自体に明確な危険性はありませんが、脱毛によって感じる母体のストレスや妊娠期間中の脱毛効果については様々な問題があるからです。

今回は、妊娠中の脱毛ができない理由や、産後いつから脱毛再開できるかについて解説します。

妊娠中の脱毛は基本的にNG

もし、妊娠に気づかず脱毛してしまったら?

もし、妊娠に気づかず脱毛してしまったら?

まず初めに、医療レーザー脱毛のレーザーや、脱毛サロンの光脱毛のフラッシュは、子宮や胎児に直接の影響はありません。
医療脱毛で使われるレーザーは755nm程度の可視光線で、肌や毛穴に対して働きかけるものです。X線などとは異なり、VIO脱毛などを行っても子宮に届くことはありません。
そのため、過去に受けた脱毛施術が胎児や母体に悪影響を及ぼすこともないのです。

妊娠に気づかずに脱毛施術を受けてしまった場合もご安心ください。
ただし、今後の脱毛施術については懸念点があるため、妊娠が分かった時点で、まずは必ず脱毛を受けているクリニックへご連絡をお願いいたします。
メアリクリニック名古屋駅前・栄では、契約期間を延長するなどの対応をご相談させていただきます。ご出産後に脱毛を再開することも可能ですので、お気軽にご相談ください。

妊娠中に脱毛ができない理由

当院だけではなく、妊娠中の脱毛はお断りしているクリニックや脱毛サロンは多いものです。
先ほど申し上げたように、レーザーが胎児に直接影響を及ぼすことはありませんが、「脱毛施術を受けること」という行為が母体や胎児への影響を与える可能性があるからです。
脱毛施術だけではなく、妊娠中は肌が敏感になるため、自己処理もなるべく控えていただくことをおすすめいたします。

では、なぜ妊娠中に脱毛は控えたほうが良いのでしょうか?
(※妊娠中の身体の変化は個人差が大きく、必ずしも下記の症状が現れるとは限りません)

ホルモンバランスの変化で脱毛効果が得られにくい

妊娠中はホルモンバランスの変化で脱毛効果が得られにくい

妊娠中の女性は、ホルモンバランスが崩れ、体に様々な変化が起こります。 頭痛、めまい、立ちくらみなども代表的ですが、毛が濃くなるなどの症状が表れる方もいらっしゃいます。

これには、女性ホルモンの「プロゲステロン」の増加が関係しています。 「プロゲステロン」は妊婦の身体を守り、妊娠を継続させる大切な働きがありますが、身体を守るためにメラニンの生成も一時的に活発になってしまいます。そのため、シミやそばかすができやすく、体毛も濃く太くなり、毛量も増えてしまうことがあります。 そのため、脱毛の効果が思うように期待できなかったり、脱毛しているのに体毛が太くなる可能性もあったりするため、この時期に脱毛を行うことは効率的ではありません。

妊娠中に濃くなった体毛を今すぐ脱毛したいお気持ちはよくわかりますが、こうした妊婦の「多毛症」は一時的であり、出産後にホルモンバランスが元の調子に戻れば、治る可能性が高いです。 そのため、ぜひ産後また様子を見て、脱毛をご検討されると良いでしょう。

肌への刺激を普段より感じやすい

ホルモンバランスの乱れは、肌へも影響を及ぼします。
通常時は刺激に強い方や、これまで脱毛で痛みを感じなかった方でも、少しの刺激でも痛みを感じる可能性が高くなります。
また、肌荒れや皮膚の炎症などの肌トラブルを引き起こすリスクもいつもより高くなっているため、妊娠中の脱毛はご遠慮いただいております。

脱毛によるストレスが胎児に影響を及ぼす可能性がある

上記のお肌への刺激がストレスになることはもちろんですが、「本当に脱毛は赤ちゃんに影響がないのかな?」などの不安からくるストレスも、無意識のうちに身体に負担をかけてしまいます。
また、脱毛のように長時間同じ体勢でいることは血流が悪くなるだけでなく、身体も冷えてしまうため、母体にとっては思わしくないことばかりです。
元気に生まれてくる赤ちゃんのため、なるべくお母さんがストレスを感じないように過ごしてほしいとメアリクリニック名古屋駅前・栄では考えております。
皆様の身体をまずは第一にお過ごしください。

出産後いつから脱毛は再開できる?

出産後いつから脱毛は再開できる?

脱毛サロンなどでは、出産後の授乳中は脱毛の再開をお断りしていることがほとんどです。 授乳中の女性の身体はデリケートなため、妊娠中と同じように肌が敏感な状態です。医療機関ではない脱毛サロンでは敏感肌への対応が難しいため、生理が安定してからなど、条件を設けています。

一方、メアリクリニック名古屋駅前・栄は、医師が常駐しているクリニックのため、授乳中の患者様の敏感な肌でも基本的には脱毛を再開していただくことが可能です。 丁寧に照射レベルを調整し、痛みや刺激が少ない脱毛を行いますのでご安心ください。

ただし、無理はせず、体調にご不安がある方は産婦人科の担当医にご相談の上、許可をもらってからご来院いただけますと安心です。 帝王切開や会陰切開の傷跡周辺には医療用レーザーは照射ができませんので、その点はご了承ください。

新しく脱毛をご検討されている方は、卒乳後に生理が安定し、出産の傷跡が癒えてからご検討されるとスムーズなご案内ができますのでおすすめです。

妊娠が発覚したら、まずは
クリニックへご相談ください

妊娠が発覚したら、まずはクリニックへご相談ください

妊娠中や産後は母体の変化が大きく、ホルモンバランスも不安定な状態です。 まずは、お母さんの身体を大切にしていただくためにも、ご自身の体調を最優先してください。

メアリクリニック名古屋駅前・栄では、産後の脱毛についてもご相談を受け付けております。何かとご不安な点もあるかと思いますが、クリニックならではの細かい配慮と技術力でなるべく負担の少ない脱毛をご提供いたします。

出産後の母体は、個人差もありますが完全に回復するまで1年ほどかかることもあります。ゆっくり養生していただいた上で、医療脱毛をご検討いただけますと幸いです。

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら