menu close


Web予約

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛コラム 医療レーザー脱毛のリスク

医療レーザー脱毛のリスクとは?

「医療レーザー脱毛に興味はあるけれど、肌へのダメージが強そうで心配」
「脱毛する前より毛が濃くなったり太くなったりする人もいると聞いたけど、本当?」

医療レーザー脱毛を考える方の中には、レーザー照射による肌トラブルのリスクや、脱毛施術の副作用について心配されている方もいらっしゃいます。
名古屋の美容皮膚科メアリクリニックに相談にいらっしゃる患者様からも、医療レーザー脱毛のリスクについて、多くのご質問をいただきます。特に、顔脱毛を希望している方にとっては、より心配ですよね。

医療レーザー脱毛は安心して受けていただける治療ですが、「リスク・副作用が全くない」かと言うと誤りになります。ただし、肌トラブルのリスクや副作用が起きる可能性はクリニックの工夫次第で低くなりますので、大きな不安を感じる必要はありません。
当院でも、リスクをできる限り軽減するために様々な工夫を行っています。どうぞ安心してくださいね。

どういったリスクがあるのか、そしてどのような工夫を行えばリスクを軽減できるのか、名古屋・栄の美容皮膚科メアリクリニックが詳しくご説明いたします。

医療レーザー脱毛にはどんなリスクがあるの?

あこがれの永久脱毛を目指せる医療レーザー脱毛。しかしながら、ごくまれに肌トラブルが起きる可能性があるのも事実です。まずはどのようなリスク・副作用が考えられるのか、ご紹介いたしましょう。

医療レーザー脱毛で起きる可能性がある主なリスク・副作用は、以下の2つです。

1. ヤケド・炎症
2. 硬毛化(増毛化・多毛化とも呼ばれる)

リスクが起きる可能性には個人差があるため、「このような条件であれば、このようなリスクが必ず発生する」と言い切ることはできません。
しかし、いずれもクリニックの実績に基づいた施術スキルや施術後の処置でリスクを抑える事が可能ですし、万が一にもリスクが起きてしまった場合、きちんと処置することで、後遺症を残さず速やかに改善をすることが可能となります。
名古屋の美容皮膚科メアリクリニックでも、医療レーザー脱毛によってリスク・副作用が起きた場合には、適切な処置を行います。

【医療レーザー脱毛のリスク その1】
肌のヤケド・炎症

医療レーザー脱毛は、毛に含まれる黒い色(メラニン色素)に反応するレーザーの特性を利用しています。メラニン色素に反応したレーザーは熱エネルギーを生じ、その熱が毛根にダメージを与えて、永久脱毛の効果をもたらします。

ただし、メラニン色素は毛だけではなく肌にも含まれています。そのため、レーザーが肌のメラニン色素に反応すると、肌にも高温の熱が伝わります。
ほとんどの方は軽い赤み程度で済みますが、人によってはヤケド・炎症になってしまう可能性もあります。

基本的に、赤みは施術後数時間~翌日には落ち着くことが多いですが、太く濃い毛が密集している脇の下やVIOなどは熱が加わりやすいため、2~3日続くこともあります。
また、日焼け肌・色黒肌にはメラニン色素が多く含まれています。レーザーが反応してしまう可能性が高いので、ヤケド・炎症が起きるリスクも高くなるでしょう。

ヤケド・炎症のリスクを軽減する対策として、レーザーの出力を下げて施術を行う場合もありますが、低出力で施術すると、お肌への刺激は下がりますが脱毛効果も落ちます。そのため、肌が赤くなるほど日焼けしてしまった場合は、無理に施術を受けない方が良いですし、クリニックでも施術をお断りすることがあります。
もちろん、肌の状態が落ち着けば問題ありません。日焼けによる赤みが引くのを待ってから、改めて医療レーザー脱毛の施術を受けてくださいね。

より安全な状態で医療レーザー脱毛を受けていただくため、メアリクリニックでは、脱毛期間中の日焼けにご注意いただくようご案内した上で、施術の前に、お肌の状態を確認してからレーザーの照射をしています。
また、施術後赤みが引かない場合には、炎症を抑える軟膏の処方も行いますので、医師の指示に従って軟膏を塗って様子を見てください。
数日経過しても改善しない場合は、クリニックにお気軽にご相談ください。名古屋の美容皮膚科メアリクリニックは再診料0円で診察いたします。

【医療レーザー脱毛のリスク その2】
硬毛化(増毛化・多毛化)

毛が固くなる硬毛化の明確な原因は解明されていませんが、医療レーザー脱毛の照射パワー不足により発生するのではないかと言われています。
医療レーザー脱毛のメカニズムは、上記でもご説明したとおりレーザー照射により毛根にダメージを与えることで、毛が再生することができず脱毛の効果を得ることができるのですが、照射エネルギーが弱いと上手く熱に変換されず、かえって毛根を刺激してしまい毛穴が活性化され、太く固い丈夫な毛が再生されてしまうわけです。
また、硬毛化と同じく脱毛しているのにも関わらず、毛が増えたように感じる増毛化という現象も起こることがあります。
人間は生まれながらに毛穴の数が決まっているため、毛穴が増えて毛が生えるということはありえません。しかし、脱毛を経験した方のなかには、脱毛をすることで毛が増えたように感じるという声もあります。こちらも明確な原因は解明されていませんが、硬毛化によって毛が濃く固くなったことで、毛が増えてしまったように錯覚してしまうのではないかと言われています。

硬毛化や増毛化は、うなじや顔などの毛が細く薄い産毛の多い箇所で起こりやすいと言われています。そのため、うなじや顔脱毛のように、産毛が多い部位の脱毛を希望する際には、脱毛の施術実績が豊富で、硬毛化への事前対策をしっかりと考えているクリニックを選択されることをお勧めいたします。

医療脱毛が適さない人はいるの?

医療レーザーによる照射が、身体に悪影響を及ぼすことはありませんが、メアリクリニックでは安全を十分に考慮して、次のような状態の方の脱毛施術をお断りしています。

  • ・妊娠・授乳中の方
  • ・肌が日焼けしている方
  • ・光アレルギー体質の方

なかでも日焼けしたばかりの炎症がある肌や、重度の日焼けの場合、照射によるヤケドのリスクが高まりますので、日焼けの状態が落ち着いてからご来院いただくようご案内しております。ただ、日焼けの症状によっては施術が可能な場合もありますので、ご自身の判断で諦めず、まずはお気軽にご相談ください。

また、子供のころからお肌が弱く医療脱毛を諦めているという患者様がいらっしゃいます。
アトピーや敏感肌であっても、医療レーザーによる全身脱毛が可能な場合や、施術可能な部位もあります。脱毛施術実績の豊富な医師による診察を事前に行いますので、ぜひメアリクリニックへご相談ください。カウンセリングはもちろん無料です。

脱毛するなら医療機関で!

脱毛後だけではなく、脱毛期間中を通してご注意いただきたいポイントをご紹介します。

これから脱毛したいと思っている方の中には、エステやサロンなどでのお手軽にできる脱毛と医療機関で行う脱毛とで悩まれている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

※エステ脱毛と医療脱毛の違いは、別途コラムをご参照ください。

施術の照射パワーが違うのはご存知かと思いますが、もっとも大きな違いはやはり「医療機関」であり、施術に携わっているスタッフ全員が医療の国家資格をもっているということです。さらに、施術を行う前に必ずリスクや副作用についてご説明をする義務があり、ご納得いただいたうえでの施術を行います。エステには説明義務はありません。
事前にリスクを知っておけば、万が一のトラブルにも冷静に対処することができるというわけです。

また、メアリクリニックでは、より安全に医療脱毛を行うため、患者様のお肌状態や毛質をしっかりと見極めたうえで、脱毛によるリスクがないか判断いたします。医師による診察がありますので敏感肌や肌が弱くて心配な方も、安心してご相談ください。
当院を信頼してお任せ頂くために、施術の内容とリスク、その対策を責任をもって丁寧にお伝えしています。

万が一、肌リスクが発生した際の、アフターケアについても、詳しご案内をしています。症状に合った塗布薬の処方など、万が一の肌トラブルにもしっかり対応いたしますので、ご安心ください。

医療脱毛をするならメアリクリニックで!

名古屋・栄の美容皮膚科メアリクリニックでは、特徴の異なる複数の医療レーザーを使い分けることで、お一人おひとりそれぞれの毛質・肌質に合った、施術を行います。
施術するスタッフも、メアリクリニックでの医療脱毛経験者ですので、困ったことや不明なことも患者様目線でご案内することができます。

また、硬毛化などのリスクが起きないようメアリクリニックでは照射スキル向上のための研修を定期的に行っております。

医療レーザー脱毛専門の美容皮膚科メアリクリニックならではの、丁寧な医療脱毛を、ぜひ一度ご体験ください。

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら