menu close


Web予約

Web予約
医療脱毛で跡が残ることはほとんどありませんが、肌トラブルには適切に対処する必要があります

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛の詳しい解説 医療脱毛で跡が残るって本当?

医療脱毛で跡が残るって本当?

結論から申し上げますと、基本的に医療脱毛で跡が残ってしまうことはほとんどありません。
医療脱毛で使用する機器は、国家機関の認定を受けた安全性の高いものであり、医療レーザーが直接的な原因で跡が残ってしまうことはないのです。

ただし、脱毛後の肌トラブルを放置すると、跡になってしまったり、色素沈着を起こしてしまったりすることがあるのでご注意ください。

お肌を綺麗にするために脱毛したはずが、跡が残ってしまった…ということがあっては悲しいですよね。
そこで、どんなときに跡が残ってしまうことがあるのか、その場合どのように対処したら良いのかを詳しく解説いたします。

跡が残ってしまうケースと対処法

肌トラブルが
悪化してしまったとき

肌トラブルが悪化すると、跡になって残ってしまうことがあります

医療レーザー脱毛は安全性の高い施術ですが、肌トラブルが起こるリスクはゼロではありません。
レーザーが毛に反応した熱で火傷をして、炎症を起こしてしまうことがあるのです。
ほとんどの人は、赤みが出る程度でおさまりますが、ヒリヒリ感があったり、悪化すると跡になってしまうこともあります。

また、脱毛後のお肌は敏感で、バリア機能が低下している状態です。
そこに細菌が入り込んでしまうと、毛嚢炎と呼ばれるニキビのような赤いブツブツが出来てしまうことも。

基本的に、炎症も毛嚢炎も炎症止めの軟膏を塗っておけば数日程度で自然に治っていきます。
しかし、患部を擦ったり、無理につぶしたりすると、症状が悪化して跡になって残ってしまうことがあるので注意が必要です。

肌トラブルの対処法

炎症を起こしてしまったときの対処法として、最も大切なのは保湿をしっかり行うことです。
脱毛後のお肌は乾燥しやすくなっているので、お手持ちの化粧水やクリームでこまめに保湿をしてください。
また、患部に刺激を与えすぎないよう、入浴の際は、ゴシゴシと力を入れて洗わず、優しく洗うようにするのがポイントです。

毛嚢炎ができてしまったときは、患部を清潔に保ち、保湿を忘れないようにしましょう。
特に背中は毛嚢炎ができやすい部位ですので、シャンプーやリンスのすすぎ残しがないようにしてください。

医療脱毛をした後に
日焼けしてしまったとき

脱毛後に日焼けをすると、色素沈着やシミの原因になります

医療脱毛直後のお肌は、軽い火傷状態になっています。
その状態で紫外線を浴びると、通常よりも大きなダメージを受けてしまい、火傷が悪化してしまうことも。

また、日焼けをすると、色素沈着やシミの原因にもなりますので、日焼け対策は徹底するようにしてくださいね。

脱毛期間中は日焼け対策を!

脱毛後だけでなく、脱毛の期間中は日焼け対策をすることが大切です。
普段からこまめに日焼け止めを塗っているという方も多いかと思いますが、脱毛期間中はより意識的に日焼け対策をしてください。

特に、長時間外にいる機会があったときはしっかりと保湿をしましょう。
お肌が乾燥してしまうと、さらに肌のバリア機能が低下してしまうので、潤いを与えてあげてくださいね。
日焼けの跡が残らないようにするためにも、保湿は欠かせません。

出力が適切でなかったとき

可能性は低いですが、レーザーの出力が高すぎて肌トラブルが起こることもあります

医療レーザー脱毛は、毛の組織を破壊することで脱毛する仕組みです。
組織を破壊するので、それなりに高い出力のレーザーを当てます。
肌質や毛質によって適切な出力でレーザーを当てないと、お肌が傷つき、跡が残ってしまうことも。

ただし、医療脱毛は資格をもった医師や看護師の判断で出力を調整します。
ですから、こうしたトラブルが起こる可能性は限りなく低いでしょう。
ご自身で対処するのは難しいかもしれませんが、万が一、施術中に痛みや違和感を感じたら、すぐに申し出てくださいね。

跡が残らないようにするには
アフターケアで肌トラブル悪化を防止!

これまで解説してきた通り、医療脱毛後に跡が残らないようにするためには、アフターケアをしっかり行い、肌トラブルが悪化しないようにすることが一番大切です。

  • 保湿をしっかりする
  • 汗をかいたらこまめに処理して清潔に保つ
  • 日焼け対策を怠らない

以上のポイントに気を付けていただくことで、肌トラブルが起こる、あるいは悪化するのを予防し、跡になるのを防ぐことができます。
脱毛後のアフターケアについては別のページでも詳しく解説しておりますのでぜひ併せてご覧ください。

脱毛後のアフターケアについて詳しくはこちら 

赤くなる=跡が残る?

赤くなっても跡は残りませんが、症状が長引かないよう脱毛後は体を温めすぎないでください

脱毛後にお肌が赤くなるのは珍しいことではありません。
ほとんどの場合、数時間から数日で赤みは治まっていき、普通のお肌へ戻っていきます。

赤みが出ても跡になって残ることはありませんが、体を温めすぎると、赤みが増したり、症状が長引いたりすることはありますので、注意が必要です。

脱毛の施術を受けた日は、お酒を飲む、長時間湯船に浸かる、激しい運動をする、などの行為は避けてください。
また、体が温まって汗をかくと、毛嚢炎などの肌トラブルに繋がる可能性もありますので、なるべく安静に過ごしましょう。

患部を冷やしてクールダウン

お肌の赤みはすぐに引く場合がほとんどですが、より早く症状を落ち着かせるためには、患部を冷やしてあげると効果的です。
症状が長引かないようにするためにも、施術後は患部を冷やしてあげましょう。

冷たいタオルなどを当てると程よく熱を冷ますことができます。
施術を受けた当日の入浴は、ぬるめのシャワーで済ませるようにしてくださいね。

メアリの医療脱毛は、
健康な美しい肌を目指します

メアリクリニック名古屋駅前・栄では、肌トラブルの予防・悪化防止に努めております

繰り返しになりますが、医療脱毛で跡が残ることはほとんどありません。
ただし、脱毛施術によって起きた肌トラブルが悪化してしまうと、跡が残ることがあります。

メアリクリニック名古屋駅前・栄では、脱毛によって肌トラブルが起きないようお一人おひとりのお肌に合わせた施術をお届けしているだけでなく、万が一肌トラブルが起こった際の対応も万全です。
必要であれば、無料で診察や追加のお薬の処方もいたします。

メアリクリニックの医療脱毛は、「毛が生えない肌」だけでなく「自信をもって肌見せできる、健康な美しい肌」を目指します。
脱毛に関して、何かご不明な点やご心配なことがあれば、お気軽にご相談ください。
皆様が安心して脱毛を受けられる環境づくりに努めてまいります。

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら