menu close


ご予約 閉じる


ご予約

美容コラム

医療脱毛前のムダ毛処理

メアリクリニックでは、医療脱毛を受けていただく際、ご来院前に施術部位の自己処理をお願いしています。とはいえ、ご自身でムダ毛の処理をするのは面倒であったり、上手くできるか不安に思う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、なぜ事前の自己処理をお願いするのか、その理由をお伝えすると共に、部位別に自己処理のコツをご紹介いたします。

どうして医療脱毛の前に自己処理が必要なの?

医療脱毛で使うレーザーは、毛根に含まれるメラニン色素の黒色に反応して、照射エネルギーが熱に変換される仕組みを持っています。
そのため、照射部分にレーザーが反応しやすい黒色のムダ毛が伸びていると、その伸びた毛から肌に熱エネルギーが伝わり、肌のヤケドにつながる可能性があるのです。

こうしたリスクを回避するためにも、事前にムダ毛を短く自己処理しておく必要があります。
ただし、リスク回避という意味であれば、クリニックで処理をしても良いのでは?とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、自己処理をした直後というのは、カミソリ刃による肌への刺激があるため、いつもよりもデリケートな状態になっています。すると、レーザーの刺激で肌にダメージが加わるリスクも高まります。
こうしたリスクを予防し、短時間で安全な施術を実現させるためにも、ご来院前に処理していただくようお願いしています。

シェーバーを使って安全に自己処理!

ムダ毛の自己処理といえば、毛抜きやカミソリ、脱毛ワックスなど様々な方法がありますが、脱毛前の自己処理ではどの方法が望ましいのか、ご紹介していきましょう。
毛抜きやワックスという方法は、ムダ毛のないつるつるな状態になるというメリットを持っているものの、皮膚からムダ毛を強引に抜き抜くことになるため、肌へのダメージが強いと言えます。そのため、毛抜きやワックスは、脱毛前の自己処理ではお控えいただきたい方法です。

さらに医療脱毛のメカニズムの面でも、毛抜きやワックスを使っていただきたくない理由があります。
医療脱毛の効果を高めるためにも、脱毛前の自己処理の際には、カミソリまたはシェーバーでの剃毛をお願いしています。

毛抜きやワックスの使用はNG

医療脱毛で使用するレーザーは、毛根に含まれるメラニン色素に反応する仕組みを持っているため、毛根に毛の黒色が存在しなければ、熱エネルギーが蓄積できず脱毛効果をもらたす事ができません。

そのため、毛抜きやワックスで毛を引き抜いてしまうと毛根に毛がなくなり、医療レーザーが作用できなくなるため、脱毛効果を得るために、毛抜きやワックスでの自己処理を避けていただいています。さらにレーザー脱毛では、毛周期(毛が生えてくるサイクル)の成長期に合わせて施術を行うことで、より高い脱毛効果を実現することができます。その点において、体毛を一度抜いてしまうと、毛が生えてくるサイクル(毛周期)が乱れ、施術のベストタイミングがずれてしまうのです。

肌への負担が少ない電気シェーバーがおすすめ

メアリクリニックでは事前の自己処理として、カミソリかシェーバーを使って、毛を剃っていただくようお願いしています。なかでもお勧めは、電気シェーバー。

電気シェーバーの刃は、肌に直接触れずに毛を剃ることができるため、肌への負担が少ない方法だと言えます。
また、ムダ毛を処理する際には、肌を保護するためにも、シェービングクリームを使って剃ると、さらに安全性も高まりますよ。また剃った後に、肌の冷却や保湿ケアなど、アフターケアを十分に行うことで、より肌に優しい自己処理ができることでしょう。

部位別に解説!医療脱毛前のムダ毛処理のコツ

自己処理をする際には、肌へのダメージは最小限におさめたいところではありますが、部位によっては見えづらかったり、凹凸があったりと、自己処理が難しい場所もありますよね。

そこで、肌を傷つけずに処理するコツを、部位別にご紹介いたします。

見えづらい背中

背中は自分では見えにくい場所にあるため、自己処理はとても難しいですよね。ですが、剃毛する部分を見ずに刃を進めてしまうというのは、肌を傷つけてしまう心配が高まります。そのため、背中を剃る際には、鏡を使ってゆっくりと丁寧に、剃っていきましょう。

また、「誰かに剃ってもらう」というのもお勧めです。家族に頼んで、剃ってもらえば、より安全で綺麗に剃ることができますよね。

凹凸がある脇の下

脱毛部位としても高い人気を誇る脇の下ではありますが、凹凸があるので自己処理は意外と難しい部位と言えます。また皮膚も柔らかいので、刃が滑りにくく、この部位の自己処理に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

そんな難しい脇の下を剃るコツは、毛の流れに沿って、なでるようにシェーバーを動かすこと。これによって、肌へのダメージも最小限に抑えることができます。

デリケートなVIO

VIO脱毛といえば、肌も衛生面でもデリケートな部分なので、傷をつけないよう、特に注意が必要な部位だと言えます。またVIOの毛は剛毛な傾向にあるため、強引に剃毛をしてしまうことで、肌を傷つける原因となります。

そのためVIOを自己処理する際には、まずムダ毛全体をハサミで短くカットしてから、電気シェーバーを使うようにしましょう。

医療脱毛前のケアについての不安はお気軽に

このページでは、特にコツが必要となる、背中・脇の下・VIOのムダ毛を自己処理するコツをご紹介してきましたが、もし他の部位のムダ毛処理でお悩みであれば、ご遠慮なくご相談ください。

またメアリクリニックでは、無料カウンセリングも実施しおります。安心して脱毛を受けていただけるよう、丁寧にご説明いたしますので、医療脱毛前のケア以外にも、不安なこと、気になることがあれば、ぜひお気軽にご相談下さいませ。