menu close


Web予約

Web予約
脱毛とシミの関係

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛コラム 脱毛とシミの関係

脱毛とシミの関係

脱毛は肌にレーザーを当てる施術であることから、シミへの影響を気にされる方は多いでしょう。
特に顔脱毛では、シミがあっても脱毛できるのか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実際、メアリクリニック名古屋駅前・栄でも「脱毛でシミが増えませんか?」となど、シミに関する質問をよくいただきます。

シミがあることで医療レーザー脱毛が受けられなかったり、脱毛が原因でシミができてしまったりするのは悲しいですよね。
脱毛とシミの関係について、メアリクリニック名古屋駅前・栄が解説します。

メアリクリニックなら
シミがある肌の脱毛に対応!

メアリクリニックならシミがあっても脱毛可能!

結論から申し上げると、シミがあっても医療レーザー脱毛は可能です。
ただし、医療レーザー脱毛であればどのクリニックでもシミがある肌の脱毛に対応しているとは限りません。

医療脱毛に使われるレーザーは、メラニン色素に反応するメカニズムです。そのため、体毛と同じくメラニン色素を含むシミへの照射は注意が必要です。

レーザーの種類や設定によっては、照射時にシミにも強く反応し、ヤケドしてしまう可能性があります。
そのため、シミのある肌への脱毛は、医師の判断のもと安全にレーザーを照射できる脱毛機があり、かつシミへの照射に関する知識や技術をしっかり持っているクリニックを選ぶ必要があるのです。

メアリクリニック名古屋駅前・栄では、シミがあっても問題がなく照射ができる医療レーザー脱毛機を導入しています。
また、ただ脱毛機を用意するだけでなく、施術スタッフは日々技術力を磨いております。
医師の診断のもとで、お一人おひとりの肌質や毛質に合わせて細かく照射レベルやモードを切り替えるなど丁寧な対応を心がけ、シミがあっても安心して脱毛施術をお受けいただける環境を整えております。
(※肝斑などお肌の状態によっては、脱毛できない場合もあります)

シミがある場合、エステや脱毛サロンでは脱毛できないことが多い

シミがある場合、エステや脱毛サロンでは脱毛できないことも

エステや脱毛サロンでは、シミがある場合の顔脱毛はお断りされることが多いです。
その大きな理由が、万が一の肌トラブルに対応できない点です。

エステや脱毛サロンでは、医療資格を持たないエステティシャンなどが脱毛施術を行っているため、万が一の肌トラブルの際に診察やお薬の処方ができません。
また、シミは皮膚の疾患でもあるため、治療における影響に対して責任が取れないことも理由として考えられます。

一方、メアリクリニック名古屋駅前・栄は美容皮膚科のクリニックのため、医師が常駐しています。また、再診料やお薬代は無料です。
シミが原因で脱毛を断られたことがある方もぜひ一度ご相談ください。

そもそもシミとは?

そもそもシミとは?

シミとは、皮膚内でつくられたメラニン色素が沈着したものです。
メラニン色素は刺激から肌を守るために発生しますが、増えすぎるとシミになってしまいます。

メラニン色素は、表皮の最下層にある「メラノサイト」と呼ばれる色素細胞によって生み出されます。
メラノサイト自体は決して悪いものではなく、紫外線から皮膚を保護するためにメラニン色素をつくり出す働きを担っています。

健康な肌であれば、メラニン色素はターンオーバーとともに排出されるため、軽いシミなどは1ヶ月もすれば消えます。
肌機能が低下してターンオーバーが乱れていると、余分なメラニン色素が排出されずに蓄積してしまい、結果シミとして残ってしまうのです。

顔脱毛でシミが薄くなる?

医療レーザー脱毛は、元々シミ治療を応用することで生まれた治療です。
そのため、照射回数を重ねれば、脱毛効果だけでなく、お肌のくすみの改善効果も期待できます。
(※シミ治療と脱毛ではレーザーの出力が異なるため、効果には個人差があります)

ただし、シミの種類や状態によっては、シミを避けて照射することもあります。
また、シミの中でも肝斑へのレーザー照射は不可となっているため、あらかじめご了承ください。

脱毛用のレーザーでシミが増える?

脱毛用のレーザーでシミが増える?

「医療脱毛するとシミが増える」という噂を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
これは誤った知識で、脱毛用のレーザーでシミは増えません。
なぜなら、レーザーとシミの発生原因である紫外線は根本から異なるため、レーザーを当ててたところでメラニン色素は生まれないからです。
レーザーの使用はシミに直接影響することはないため、ご安心ください。

では、なぜシミが増えると噂されるのでしょうか?
理由のひとつとして、脱毛で肌のターンオーバーが促進され、肌の奥に潜んでいたシミが表面化したことが考えられます。
この現象が起きると一見シミが濃くなったように見えますが、むしろシミが消え始める兆候で、次第に薄くなっていきます。

また、もうひとつの理由として考えられるのが、脱毛後のアフターケア不足です。
脱毛直後の肌はバリア機能が低下しているため、乾燥や刺激などのダメージをいつも以上に受けやすく、シミの発生可能性も高い状態です。
脱毛期間中は特にお肌のケアにご注意いただくことで、新たなシミの発生を防ぐことにつながります。

脱毛後のアフターケアを含め、新たなシミを増やさないために必要なケアについては次で解説します。

脱毛後にシミを作らないための注意点

刺激を与えない

洗顔やタオルで拭くときに、必要以上にごしごし擦ると肌に刺激を与えてしまいます。
また、衣類や下着による締め付けや摩擦が起きたり、皮膚を掻きむしったりすると、色素沈着を起こすことがあります。

肌に刺激を与えないよう、優しく洗ったり拭いたりするよう心がけましょう。
また、摩擦による色素沈着を防ぐためには、脱毛の直後は締め付けが少なく、肌に優しい素材の衣類を選ぶことをおすすめします。

たっぷり保湿をする

肌のターンオーバーの乱れは、シミができやすくなる原因の一つです。
ターンオーバーが正常に行われる健やかな肌を保つためには、保湿が重要です。

とくに脱毛施術後の肌はレーザーの熱に水分を奪われ、非常に乾燥しています。肌が乾燥していると、痛みや肌トラブルも起きやすくなります。
いつもお使いのスキンケアグッズで構いませんので、脱毛期間中はこまめに保湿するよう心がけましょう。

万全な紫外線対策

メラニン色素を生み出すメラノサイトは、紫外線によって活性化します。
また、紫外線を浴びると、すでに生じている色素沈着にさらなる刺激を与えることになり、メラニンが上書きされてシミが濃くなることもあります。

シミのためだけではなく、紫外線対策は非常に重要です。
脱毛期間中の肌は、少しの日焼けでも炎症を起こしやすいほど敏感になっています。
また、日焼けした直後の肌にレーザーを照射すると、肌トラブルや痛みにつながる恐れがあり危険です。
脱毛が計画通りのスケジュールで行えなくなってしまう可能性があるため、脱毛期間中は必ず日焼け止めを塗ったり、日傘を差すなどの紫外線対策をしっかりと行いましょう。

シミでお悩みの方の脱毛も
ご相談ください

シミでお悩みの方の脱毛もご相談ください

シミでお悩みの方も、メアリクリニック名古屋駅前・栄なら、医療レーザー脱毛を諦める必要はありません。
確かな技術と知識で施術を行いますので、シミがある際の脱毛もどうぞお気軽にご相談ください。

また、その他シミ以外のお肌のお悩みをお持ちの方も、遠慮なくご相談ください。
無料のカウンセリングで丁寧に診察、判断させていただきます。
一度脱毛を断られてしまったという方も、メアリクリニック名古屋駅前・栄でもう一度脱毛を検討しませんか?

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら