menu close


Web予約

Web予約
脱毛とシミの関係

メアリクリニック名古屋・栄TOP 医療脱毛の詳しい解説 脱毛とシミの関係

脱毛とシミの関係

脱毛は肌にレーザーを当てる施術であることから、シミへの影響を気にされる方は多いでしょう。
メアリクリニック名古屋駅前・栄にも「シミがあっても脱毛はできる?」「脱毛してシミができたらどうしよう」などのご相談が寄せられます。

当院では、シミができないようにするのはもちろん、今あるシミが悪化しないように脱毛施術を行っています。
安心して脱毛を受けていただくためにも、まずはシミと脱毛の関係について知ることから始めましょう。

そもそも、「シミ」ってどんなもの?

脱毛によって今あるシミが悪化しないか心配な方もいれば、新しくシミができるのが不安な方もいらっしゃるでしょう。
それぞれの心配や不安をなくすためにも、まずはシミがどのようなものなのかをご説明いたします。

シミは、肌へのダメージが原因となりできるもの

シミは、肌へのダメージが原因となりできるもの

シミとは、皮膚内でつくられたメラニン色素が沈着したものです。

メラニン色素は、紫外線や摩擦などの刺激から肌を守るために発生します。
通常であれば、メラニン色素はシミとして皮膚に残らず自然に排出されます。
しかしながら、メラニン色素が過剰に産生されたり加齢などが原因で排出がうまくいかなかったりすると、シミとして肌に残ってしまうのです。

脱毛をするとシミができる?

脱毛をするとシミができる?

脱毛機のレーザーという強力なエネルギーを肌に照射すると、なんとなくシミになりそうな気がしますよね。
しかしながら、レーザーを照射してもシミはできません。

シミの最大の原因は紫外線ですが、レーザーのエネルギーは紫外線とは異なるため、シミが発生する直接的な原因にはなりません。
また、レーザーは毛にピンポイントで作用しますから、健康な肌にダメージを与える心配もありません。

しかし、脱毛をしたことでシミができてしまったと感じてしまう場合はございます。

脱毛後は一時的にシミが濃くなったように見える

脱毛機のレーザーには、ターンオーバー(肌の新陳代謝)を促進させる効果もあります。
そうすると、肌の奥に潜んでいたシミが肌の表面に押し出されてきます。
肌の奥にあったシミが浅い層に上がってくるので、濃くなったように見えるのです。
ターンオーバーがさらに進むと、シミは徐々に垢として肌の外に排出されて薄くなっていきますので、ご安心ください。

脱毛が間接的な原因となり、シミができることもある

脱毛直後は肌を守るバリア機能が低下しているため、乾燥や刺激などのダメージを受けやすい状態です。
そのため、バリア機能が十分に働かずに紫外線のダメージを受けてしまうと、シミになるメラニン色素ができる可能性が高くなってしまいます。

脱毛後にシミを作らないための注意点

脱毛後の敏感な肌にシミができないようにするためには、肌を丁寧にケアする必要があります。

肌に刺激や摩擦を与えると、色素沈着が起こることもございます。
ゴシゴシこすったり衣類や下着で締め付けたりせず、肌を拭く際は優しく触れましょう。

また、肌が乾燥するとバリア機能がさらに弱まってしまいます。保湿ケアもしっかり意識してくださいね。
さらに、シミの原因である紫外線への対策も十分にお願いいたします。

医療レーザー脱毛は
シミ改善・予防の手助けになることもある

ここまでは、医療レーザー脱毛がシミの悪化・生成とは無縁ではない、という話をしてきました。
しかし、医療レーザー脱毛はむしろシミの改善・予防の手助けになることもあるのです。

医療レーザー脱毛はシミ治療を応用した施術

ジェントルレーズProは、シミ治療に使われているアレキサンドライトレーザーを搭載

実は、医療レーザー脱毛はシミ治療の応用で生まれた施術です。

医療レーザー脱毛機には、様々な種類がございます。
その中でも、メアリクリニックが導入している脱毛器に搭載されている「アレキサンドライトレーザー」は、シミ治療に使われているレーザーです。
永久脱毛と同時に、シミ・くすみが薄くなるといった嬉しい美肌効果も期待できます。
(※脱毛に最適な設定で照射するため、副次的な美肌効果を十分に実感できない場合もございます。また、シミの種類や状態によっては、シミを避けて照射することもあります。)

ムダ毛の自己処理が減れば、シミができにくくなる

ムダ毛の自己処理は、肌に刺激を与えます。
カミソリや毛抜き、脱毛クリームをはじめとした自己処理全般は、メラニン色素を増やして色素沈着を引き起こすことも。

医療レーザー脱毛をすれば、肌への負担になる自己処理の回数を最小限にすることができます。
そうすると、新しいシミができにくくなります。

シミがある肌の脱毛にはリスクもある

医療レーザー脱毛機のレーザーは、黒い色に反応して熱を発生するという性質があります。
レーザーが毛の黒い色に反応し、熱で毛と発毛組織を破壊するという仕組みです。
そのため、シミのある肌に照射すると、同じく黒い色をしているシミにもレーザーが反応することでシミが薄くなる効果が期待できる反面、過剰に反応してしまうことで肌がヤケドを負うリスクもございます。

したがって、シミが多い場合には脱毛を断られてしまうケースも少なくないのです。

メアリクリニックなら、シミがある肌の脱毛にも対応

メアリクリニック名古屋駅前・栄なら、シミがあっても脱毛に対応

メアリクリニック名古屋駅前・栄では、シミがあっても問題がなく照射ができる医療レーザー脱毛機を導入しています。
また、ただ脱毛機を用意するだけではありません。施術を担当するのは研修をしっかり行い、お肌に関する知識が豊富な女性看護師です。
医師の診断のもとで、お一人おひとりの肌質や毛質に合わせて細かく照射レベルやモードを切り替えるなど丁寧な対応を心がけ、シミがあっても安心して脱毛施術をお受けいただける環境を整えております。
(※肝斑などお肌の状態によっては、脱毛できない場合もあります)

シミでお悩みの方の脱毛も
ご相談ください

シミでお悩みの方の脱毛もご相談ください

シミでお悩みの方も、メアリクリニック名古屋駅前・栄なら、医療レーザー脱毛を諦める必要はありません。
確かな技術と知識で施術を行いますので、シミがある際の脱毛もどうぞお気軽にご相談ください。

また、その他シミ以外のお肌のお悩みをお持ちの方も、遠慮なくご相談ください。
無料のカウンセリングで丁寧に診察、判断させていただきます。
一度脱毛を断られてしまったという方も、メアリクリニック名古屋駅前・栄でもう一度脱毛を検討しませんか?

メアリクリニックへの
お問い合わせ・ご予約は
こちら